IBM Blueworks Liveと単純なマッピング・ツールの比較

専用の処理ツールがビジネス・プロセスの向上に役立つ理由を説明します。

概要

クラウド・ベースのソフトウェアであるIBM Blueworks Liveは、包括的で使いやすいプロセス・モデリング機能を提供し、チーム・コラボレーションや文書化などを向上させます。

主要な機能

直感的に使用できる開発環境の紹介

インストール不要

製品はクラウドで提供されているため、何もダウンロードする必要なく、任意の場所からいつでもプロセスをマップできます。

ドラッグ・アンド・ドロップでマッピング

ドラッグ・アンド・ドロップ操作でステップの追加やフロー順序の変更を簡単に行えます。その後、1回のクリックでプロセス・マップを生成できます。

すぐに始められるテンプレート

簡単に開始できます。用意された200のプロセス・マップ・テンプレートから選び、そのまま採用することも、カスタマイズすることもできます。

組み込みのチュートリアル

プロセス・マッピング環境内からいつでもチュートリアルの動画にアクセスできます。

リアルタイム・コラボレーション

リアルタイムのコミュニケーションと自動化された変更通知によって、共有ワークスペースで同時に作業できます。

即時エクスポート

専門の知識がなくても、マップを簡単にレイアウトし、BPMN 2.0などの形式に自動的に変換できます。

ワークフローの保管

単一のマップ・リポジトリーにより、すべてのビジネス・プロセスを任意の場所からアクセス可能にし、バージョンの問題を解消します。

柔軟性のあるアクセス権

ユーザー・アクセスを制御し、ライセンス・タイプ、ユーザー・グループ、個人ごとにアクセス権を割り当てます。

詳細

IBMのデモ・シリーズで実際のIBM Blueworks Liveの動作をご覧ください。