Rhapsody - Architect for Systems Engineersの仕組み

SysMLとUMLを使用する要求分析

Rhapsody - Architect for Systems Engineersでは、SysMLおよびUMLを使用して、要件の分析、Parametric Constraint Evaluatorによるトレード・スタディーの実行、構造面および動作面の設計が可能です。複雑な要求を視覚化して、設計の一貫性を維持することができます。これにはSysMLパラメトリック図のパラメトリック制約ソルバーが含まれており、トレード・スタディー分析とアーキテクチャー上のトレードオフが容易になります。さらに、モデル間一致を向上させる静的モデル検査分析が提供されます。

要求と設計との間の完全なトレーサビリティー

TCOを計算する

要求を設計要素とテスト・ケースにリンクして、カバレッジを確認し、変更の影響を評価することができます。このソリューションは、要求から設計へ、および設計から要求への、要求の完全なトレーサビリティーをサポートしています。要件が変更されると、その変更が設計にどのように影響するかを確認できます。

さまざまな環境にわたる設計管理

IBM Engineering Lifecycle Managementソフトウェアは、さまざまな環境にわたって一貫性のある設計を開発する複雑な作業を管理できるよう、複数のチームの連携を手助けします。IBM Engineering Systems Design Rhapsody - Design Managerを使用して、拡張したチームと設計を共有し、共にレビューすることができます。高度なモデル・ブラウザーにより、エンジニア・チームはモデルのソート、編成、編集を素早く行えます。図形上のモデル比較とモデル要素のマージにより、チームの並行作業が可能になります。

業界標準を使用するビジュアルな開発

業界標準のSysMLとUMLやドメイン固有言語(DSL) (AUTOSAR、MARTE、DDSなど)で設計をグラフィカルに収集できます。UMLプロファイルを使用して固有のダイアグラムやダイアグラム要素を作成し、開発環境をニーズに合わせて調整することができます。

他のIBM ELM製品との統合

IBM Engineering Systems Design Rhapsody - Design Managerは、IBM Engineering Requirements Management DOORS FamilyやWorkflow Managementなどの他のIBM ELM製品と統合します。Rhapsody for DoDAF、MODAF、UPDMアドオン・ソフトウェアを使用すると、米国国防総省アーキテクチャー・フレームワーク、英国国防省アーキテクチャー・フレームワーク、DoDAF/MODAF用統合プロファイル準拠の成果物を作成できます。Rhapsody - Tools and Utilities Add Onソフトウェアは、カスタマイズ可能な文書ユーティリティーを提供します。

技術的詳細

ソフトウェア要件

IBM Engineering Systems Design Rhapsody – Architect for Systems Engineersのソフトウェア要件については、以下をご覧ください。

ハードウェア要件

IBM Engineering Systems Design Rhapsody – Architect for Systems Engineersのハードウェア要件については、以下をご覧ください。