主要な機能

業界標準をサポートするビジュアル・ソフトウェア開発

視覚的なソフトウェア開発機能により、UML図や従来のコード・エディターで組み込みソフトウェアを開発して、コードを生成することができます。将来の開発のために、既存のコードをモデリング環境にインポートできます。また、アーキテクチャー、設計、コード、文書の整合性を自動的に維持できるようにします。

組み込みソフトウェア・エンジニアリング

リアルタイムの自動化された組み込みソフトウェア・エンジニアリングにより、設計から実装へと移行できます。IBM Engineering Systems Design Rhapsody - Architect for Softwareは、C、C++、Java、C#のコード・フレームを生成して、設計の構造やアーキテクチャーを構築します。また、コード・フレームを使用して、モデルまたはコードに詳細なコーディングを追加できます。IBM Engineering Lifecycle Managementアプリケーションによって、データの整合性を維持するために変更が同期されます。MARTEプロファイルにより、リアルタイムのパフォーマンスをモデリングし、設計のボトルネックを分析することができます。

AUTOSARオーサリングおよびDDSモデリングのサポート

IBM Engineering Workflow Managementとの統合など、モデル・ベースの差分(AUTOSAR、DDS)と結合の機能を使用して、チーム・メンバーと連携できます。Design Managerを使用して設計の共有とレビューを行い、OSLCを使用して成果物のライフサイクル全体を通して追跡できます。このソフトウェアは、IBM Engineering Workflow Managementやその他のEclipseプラットフォーム・ベースのIDEと統合します。IBM Engineering Systems Design Rhapsody - Architect for Softwareで開発したモデルは、Rhapsody Developerエディションにインポートして設計テストを実施できます。

安全性と機能に関する標準への準拠

設計から要件に戻るまでの、要求の追跡機能を提供して、DO-178B、ISO-26262、IEC 61508などの標準への準拠を支援します。要求の情報をコードに挿入し、最終実装での追跡機能を支援できます。SysMLパラメトリック図にパラメトリック制約ソルバーを使用し、トレード調査分析やアーキテクチャーのトレードオフを容易にします。また、モデルの整合性と完全性を向上するための静的モデル検査分析を提供します。

リアルタイム・データを活用した製品パフォーマンスの最適化

ライフサイクル・サポート・ソフトウェアとアドオン・ソフトウェアを提供して、製品ライフサイクル全体の開発を行うために、その他のIBM Engineering Lifecycle Management製品と統合できます。IBM Engineering Systems Design Rhapsody - ToolsとUtilities Add Onソフトウェアは、テンプレート・ベースのカスタマイズ可能な文書を提供します。IBM Engineering Lifecycle Optimization - Publishingは、導入済みのIBM Jazzおよびサード・パーティーのツールにわたる文書スタイルのレポートの生成を自動化します。

技術的詳細

ソフトウェア要件

詳細については以下をご覧ください。 

ハードウェア要件

詳細については以下をご覧ください。