IBM Engineering Systems Design Rhapsody – ソフトウェアアーキテクト

設計から実装まで迅速に移行できる組み込みソフトウェア用のIDEを提供します。

Systems Design Rhapsody – Architect for Softwareとは何ですか?

システム設計 Rhapsody - アーキテクト・フォー・ソフトウェアは、組み込みソフトウェア設計のためのモデル駆動開発環境で、ソフトウェアの可視化により生産性、再利用、一貫性の向上を支援します。UML、SysML、AUTOSAR、UPDMなどの業界標準をサポートし、アプリケーションを視覚的にキャプチャして手作業によるコーディング作業を自動化し、設計を伝達することができます。 ビジュアルプログラミング環境は、設計と開発機能を統合し、チームコラボレーションを促進することで、より良い、より速い成果をもたらします。 開発生産性の向上、資産の再利用によるコスト削減、設計の一貫性の向上が実現できます。

記事:MBSE がイノベーションを成功に導く
メリット
視覚化して結果を迅速に得る

ビジュアル・プログラミングは、設計機能と開発機能を統合し、チームのコラボレーションを促進して、より良い結果をより迅速に得ることができます。

実装の加速

組み込みソフトウェア・エンジニアリングは、開発から実装までのサイクルを加速するリアルタイムの自動化を提供するように設計されています。

生産性と一貫性の向上

コラボレーションが鍵です。IBM Engineering Workflow Managementとの統合を含む、モデルベースの差分およびマージ機能を使用します。

機能
業界標準をサポートするビジュアルソフトウェア開発

ビジュアル・ソフトウェア開発機能により、UML 図や従来のコード・エディターを使用してコードを生成する組み込みソフトウェアを開発できます。既存のコードをモデリング環境にインポートして、さらなる開発を行うことができます。IBM Engineering Systems Design Rhapsody – Architect for Software は、アーキテクチャー、設計、コード、文書の一貫性を自動的に維持するのに役立ちます。


組込みソフトウェアエンジニアリング

ほぼリアルタイムの自動化された組み込みソフトウェア・エンジニアリングにより、設計から実装まで移行できます。Systems Design Rhapsody – Architect for Softwareは、C、C++、Java、およびC#コード・フレームを生成して、設計の構造とアーキテクチャを設計します。コード・フレームを使用すると、モデルまたはコードに詳細なコーディングを追加できます。IBM ELM アプリケーションは、一貫したデータを得るために変更を同期します。MARTE プロファイルは、ほぼリアルタイムのパフォーマンスをモデル化し、設計のボトルネックを分析するのに役立ちます。


AUTOSARオーサリングとDDSモデリングのサポート

モデルベースの差分検出(AUTOSAR および DDS)と、IBM Engineering Workflow Managementとの統合を含むマージ機能を使用して、チーム・メンバーと協力します。デザイン・マネージャーを使用してデザインを共有およびレビューし、OSLC を使用してライフサイクル・アーティファクトをトレースします。このソフトウェアは、Eclipse プラットフォームに基づいたワークフロー管理およびその他の IDE と統合されます。IBM Engineering Systems Design Rhapsody — Architect for Softwareで開発されたモデルは、Rhapsody Developerエディションにインポートして設計テストを行うことができます。


安全および機能規格への準拠

このソフトウェアは、DO-178B、ISO-26262、または IEC 61508 などの規格に準拠するための設計から要件までの要件のトレーサビリティを提供します。要件情報をコードに挿入して、最終実装におけるトレーサビリティを支援できます。SysMLパラメトリック・ダイアグラム用のパラメトリック制約ソルバーを提供し、貿易研究の分析とアーキテクチャーのトレードオフを容易にします。また、静的モデル・チェック分析を提供して、モデルの一貫性と完全性を向上させます。


リアルタイムデータを活用して製品のパフォーマンスを最適化します。

Systems Design Rhapsody – Architect for Softwareは、ライフサイクル・サポートとアドオン・ソフトウェアを提供し、他のIBM ELM製品と統合して完全な製品ライフサイクル開発を行うことができます。たとえば、IBM Engineering Systems Design Rhapsody - Tools and Utilities Add On ソフトウェアは、カスタマイズ可能なテンプレートベースのドキュメントを提供します。IBM Engineering Lifecycle Optimization - Publishingにより、デプロイされた IBM Jazz™ およびサード・パーティー・ツール全体にわたるドキュメント・スタイルのレポートの生成が自動化されます。


技術的な詳細
ソフトウェア要件

IBM Engineering Systems Design Rhapsody – Architect for Software のソフトウェア要件は、次の場所で確認できます。

ソフトウェア要件の完全なリストを表示

ハードウェア要件

IBM Engineering Systems Design Rhapsody – Architect for Software のハードウェア要件は、次の場所で確認できます。

ハードウェア要件の完全なリストを表示

どのオプションがあなたに適していますか?
Architect for Systems Engineers

低コストのシステムズ・エンジニアリング環境により、要件の分析と精緻化、アーキテクチャーのトレードオフ、ドキュメント設計を行うことができます。


Designer for Systems Engineers

Architect for Systems Engineersのすべての機能に加えて、早期検証のための設計のプロトタイピング、シミュレーション、および実行が可能です。


Architect for Software

UMLを使用してC++、C、またはJava™アプリケーションをグラフィカルに設計するための低コストの統合ソフトウェア・エンジニアリング環境。


開発者

C++、C、Java、およびAda(MISRA-CおよびMISRA-C++を含む)の完全なアプリケーション生成を備えた、組み込みのリアルタイム・アジャイル・ソフトウェア・エンジニアリング環境。

専門家による成功に役立つ参考情報はこちら
製品ドキュメント

 

IBMプロダクトの資料で知りたい回答をすばやく見つけることができます。

 

詳細はこちら