Application Delivery Foundation for z/OSに含まれているもの

IBM Developer for z/OS Enterprise Edition

Developer for z/OSの詳細はこちら

z/OSアプリケーションを効率的に作成・保守するための包括的なソリューションです。COBOL、PL/I、C/C++、High Level Assembler(HLASM)、JCL、Java®の豊富な開発ツール・セットを提供するIBM Developer for z/OSと、バッチ、CICS、IMS、Db2ランタイム用に最適化されたツールが含まれます。開発者は優先開発環境をMicrosoft® VS Code™、RedHat CodeReady Workspaces、またはEclipse®から選択できます。また、z/OSアプリケーションの開発およびデバッグのための統合開発環境用にIBM Debug for z/OS、IBM Dependency Based Buildも含まれます。

IBM Fault Analyzer for z/OS

Fault Analyzer for z/OSの詳細はこちら

IBM Fault Analyzer for z/OSは、障害を分析して修正するために役立ちます。 対話型の再分析を実行しながら障害に該当するエラー・メッセージとコードを展開するツールを提供します。 Fault AnalyzerはCOBOL、PL/I、アセンブラー、C/C++、UNIX System Services、CICS、IMS、Db2、WebSphere® MQ、Javaのz/OSをサポートします。

IBM File Manager for z/OS

File Manager for z/OSの詳細はこちら

IBM File Manager for z/OSを使用すると、CICSトランザクションの制御下でCICSリソースにアクセスでき、Interactive System Productivity Facility (ISPF)の標準的なブラウズ、編集、コピー、バッチ、印刷ユーティリティーが拡張されます。

IBM Application Performance Analyzer for z/OS

APAの詳細はこちら

システムの制約を識別し、アプリケーションの性能を向上させ、オンライン処理の応答時間とバッチの所要時間を短縮します。

システム・プログラマーとアプリケーション開発者の日常業務の効率性と生産性を向上し、IBM Eclipseベース製品のデプロイメントと保守を簡素化します。

IBM Dependency Based Build*

DBBの詳細はこちら

IBM Dependency Based Build(DBB)(*IBM Developer for z/OS Enterprise Editionに付属)では、COBOLやPL/Iなどの従来のz/OSアプリケーションをビルドできます。DBBの目的は、z/OSで使用できる、最新のスクリプト言語に基づいた自動化機能を提供することです。DBBはスタンドアロン製品として構成されており、特定のソースコード・マネージャーやパイプライン自動化ツールは必要ありません。

お客様導入事例

State Farm社

DevOpsのスピードと俊敏性に、エンタープライズ・サーバーの堅牢性と安全性を組み合わせています。

北米の大手銀行

コスト効率の高いイノベーションにより、顧客にとってバンキングを安全で、シンプルかつ便利なものにします。