IBM Software Access Catalogによる業務使用のソフトウェア

IBMバリュー・パッケージまたはソフトウェア・アクセス・オプションに加入しているIBM PartnerWorldビジネス・パートナー様は、IBMソフトウェアを業務に使用できます。

業務使用ソフトウェアは、IBMソフトウェアを使用するスキルの構築を支援することを目的としており、ソフトウェアをより効果的にお客様に販売できるようにするものです。

前提条件

  • アクティブなIBMバリュー・パッケージまたはソフトウェア・アクセス・オプションのサブスクリプションをお持ちで、「バリュー・パッケージに関する特則」または「ソフトウェアご使用の特則」の条件を受諾することが必要です。
  • サブスクリプションの期限が切れた場合は、ソフトウェアの使用を中止する必要があります。

RYBソフトウェアを使用できるのはどんな場合ですか?

  • 貴社は、業務使用として使用しているIBMソフトウェアを販売したり、その販売に関わっていることが必要です。
  • ソフトウェアは、主に同じソフトウェアの影響と販売に焦点を当てる、貴社企業の一部の運用の一部として使用することができます。
  • ソフトウェアは、パスポート・アドバンテージ経由で取得されたソフトウェアと混用することはできません。
  • ソフトウェアは現状のまま提供され、サポートは行われません。

RYBに適格なプログラムおよび数量

  • Software Access CatalogからダウンロードされたIBMソフトウェアの、商業的に妥当な数のコピーを使用することができます。これは、「バリュー・パッケージに関する特則」または「ソフトウェアご使用の特則」の条件に定義されています。
  • Tealeaf製品は、業務使用目的でバリュー・ディストリビューター(VAD)による使用ができない場合があります。

有料の作業に使用することはできません。

ソフトウェアは、以下のような、サービスの手数料を稼ぐことによって直接収益を生成するためには使用できません。

  • 特定のお客様向けのアプリケーション/ソリューションの作成/変更
  • お客様のために特定のビジネス機能を操作またはその他提供するビジネス・プロセス・アウトソーシング環境の運用
  • IBMの認定を受けていない研修の提供
  • サード・パーティーへの会議サービスの提供

無料サポートには使用できません

  • エンド・ユーザーにサポートが無料で提供される場合でも、エンド・ユーザーをサポートするためにソフトウェアを使用することはできません。
  • その他のすべての「バリュー・パッケージに関する特則」または「ソフトウェアご使用の特則」の使用条件が適用されます。

変更の確認

  • この基準は予告なしに変更される場合があり、IBMバリュー・パッケージまたはソフトウェア・アクセス・オプションが更新されるたび、または業務使用目的でSoftware Access Catalogソフトウェアをインストールするたびに確認される必要があります。