データの生成場所により近いところで、洞察に基づき対応

IBMはクラウド・コンピューティングをエッジまで拡張し、規模、変動性、変化率という新しい課題に対応する自律型管理機能を提供します。

エッジはデータが作成された場所に計算とデータ・ストレージを近づけ、より迅速に洞察を得てアクションを起こせるようにし、データの露出を減らし、継続的な運用を保証します。

エッジで処理される企業データは現在では10%ですが、2025年までに75%となる見込みです。 

IBMエッジコンピューティング・ソリューション

IBM Edge Application Manager

1人の管理者が、数万のエンドポイントにわたるアプリケーション環境を同時に管理できます。

エッジ・エンドポイントは、コンテナとRed Hat OpenShiftエンタープライズKubernetesオーケストレーション・プラットフォームで実行され、任意のパブリッククラウドやプライベートクラウドから任意のエッジ・サーバーやエッジ・デバイスに柔軟に拡張できます。

IBM Telco Network Cloud Manager

Telco Network Cloud Managerは、IBMとRed Hatが提供する新しいインテリジェントで最適化されたオープンな通信管理ソリューションであり、新しいサービスの提供を大幅に加速し、通信サービス・プロバイダー(CSP)の継続的な運用コストを削減します。

IBM Cloud Pak for Data

Cloud Pak for Dataでのエッジ分析は、データ管理とデータ・ストレージを何千マイルも離れた一元化された場所(クラウドまたはオンプレミス)に移動するのではなく、データが生成されたデバイスに近づけます。

IBM Maximo

AI、IoT、エッジコンピューティングのテクノロジーを組み合わせて使用することで、マシン・データのキャプチャー、レガシー・プロトコルのフィルター処理、変換、要約、ならびに主要データの分析をほぼリアルタイムで実行します。 

IBM Storage

ストレージ・ソリューションは、 AIモデルをエッジで機能させ、エッジで生成された大量のライブ・ビジュアル・データを含むあらゆるタイプのデータからビジネスに関する洞察を引き出すように設計されています。

IBM Power SystemsおよびAIソリューション

複雑なワークロード用に設計されたAIソリューションを使用して、エッジでビジネスに関する洞察を提供するITインフラストラクチャーです。POWER9でIBM Visual InsightsとIBM Visual Inspectorを使用することで、専門家が強力なAI推論機能を使用できるようにします。