スポットライト

効率性と拡張性

IBM z/VMは極めて優れた高水準の拡張性、安全性、効率性を実現し、クラウド・コンピューティングのための堅固な基盤を提供しながらコスト削減の機会を創出します。z/VMは、高い効率性と弾力性を利用して数百台から数千台のLinuxサーバーを単一のIBM ZサーバーまたはIBM LinuxONEサーバー上で実行するよう設計されています。新しいz/VM継続的デリバリー・モデルを利用することで、z/VMの新しい機能からより素早く価値を実現できます。

Linux、z/OS、z/TPF、z/VSEのサポート

IBM z/VMでは、異なるオペレーティング・システムを備えた実働環境とテスト環境を並行して実行するため、IBM z14、IBM z13、IBM z13s上でLinux、IBM z/OS、IBM z/VSE、IBM z/TPFの各オペレーティング・システムがサポートされています。IBM Z、LinuxONE Emperor、LinuxONE Rockhopperの各サーバーでは、Canonical、Red Hat、SUSEのLinuxディストリビューションがサポートされます。

システムの使いやすさ

IBM Wave for z/VMは、z/VM環境でのLinux仮想サーバーの自動化を可能にし、仮想サーバーの管理、自動化、プロビジョニングを提供する直感的な仮想化管理製品です。

リスクのない継続的な実装

継続的実装と継続的運用では、z/VM継続的デリバリー・モデルがサポートされます。z/VMのLive Guest Relocation機能により、業務を中断せずに仮想サーバーを移行できます。そのため、リスクを発生させずにz/VMの新機能を実装できます。

全方位型暗号化機能の有効化

最新バージョンのz/VMでは、IBM z14、Emperor II、Rockhopper IIの各サーバーの新しい暗号化機能と、Crypto Express6Sアダプターをゲストが有効化できます。さらに、Guarded Storage FacilityおよびInstruction Execution Protection Facilityと、暗号化されたページングについて、ゲストによる利用がサポートされています。

IBM z/VMデータ・シート

資料を読む

お客様導入事例

  • ケース・スタディーイメージ

    州の機関は、z/VMおよびIBM Zメインフレーム上のLinuxによって稼働が3倍も高速化しました。

    California DMV
    導入事例を読む
  • ケース・スタディーイメージ

    自動車部品サービス会社が、z/VMで仮想サーバーを起動することで、新しい環境を数分でセットアップできました。

    Vitec AutoData社
    導入事例を読む

おすすめ関連製品

IBM Wave for z/VM

サーバー仮想化管理の簡素化

詳細を表示

IBM Infrastructure Suite for z/VM and Linux

IBM z/VMおよびLinux on IBM Zシステムを監視および管理します。

詳細を表示

IBM z14

IBMメインフレーム・サーバーがクラウドを保護します。

詳細を表示

IBM LinuxONE Emperor II

IBM LinuxONE Emperor II

詳細を表示

IBM LinuxONE Rockhopper II

IBM LinuxONE Rockhopper II

詳細を表示