概要

IBM z/VMは、IBM z SystemsとIBM LinuxONE向けのハイパーバイザー型仮想化テクノロジーであり、z/OSやLinuxなどの複数のオペレーティング・システムをサポートします。IBM z/VMが提供する仮想化機能により、プライベート・クラウドの構築やLinuxの実装のほか、幅広い重要なアプリケーションのための安全かつ拡張性の高いインフラストラクチャーを実現します。長年にわたり堅固なハイパーバイザーとして認められてきたIBM z/VMによって、優れたサーバー環境であるIBMのメインフレームを仮想化テクノロジーによって活用できます。
placeholder image for video

価値の増大

システム・リソースを仮想化し、ハードウェア、プログラミング、データ・リソースを複製する必要性を軽減させます。投資を抑制しながら、成長に合わせた拡張を実現します。

ワークロードの最適化

運用効率と使用効率の向上と柔軟性の提供によって、ワークロードの統合や急増に対応します。

管理の改善

テスト環境の提供により、アプリケーションの移行を容易にして、効率的に移行を管理しながら、複数のシステムを1台の物理サーバーに統合します。

主要な機能

  • 効率性と拡張性
  • 複数のオペレーティング・システム(OS)、オープン・ソース、システムのサポート
  • システムの使いやすさの向上
  • Small Computer System Interface(SCSI)の機能拡張
  • インストールのアップグレード効率の向上
  • OpenStackの可用性