概要

IBM Security zSecure Visualは、Microsoft WindowsベースのインターフェースによってIBMリソース・アクセス管理機能(RACF)の管理作業を簡略化します。RACFに関する広範な知識がなくても多くの機能を実行できるため、経験のあるRACF管理者は高価値タスクに集中できます。より少ないリソースを使用して高度な機能を提供する直感的なインターフェースにより、さらに効率的かつ効果的な管理作業を行えます。
IBM Security zSecure Visual

リソースの最適化

全社レベルではなく部門レベルでタスクを実行できるようにすることで、RACFの管理作業を分散します。

運用コストの削減

Microsoft Windowsから直接アクセスできるプロファイルによって管理作業を簡略化します。最小限の研修だけでルーチン・タスクを処理できるので、オーバーヘッドを低減できます。

セキュリティーの脅威を素早く特定

ビジネス・マネージャーや監査員は、Microsoft Windowsインターフェースから直接、スタッフやリソースに関する重要な情報を素早く表示できます。

主要な機能

  • RACFのセキュリティー担当者が高価値タスクに集中することが可能
  • Microsoft Windowsを使用するプロファイルの表示と管理
  • 各所に分散しているRACF管理者たちのセキュリティー・リスクを軽減
  • ビジネス・ユーザーがセキュリティーの脅威を素早く見つけ出すための機能
  • 一般的なIBMプラットフォームと連携
  • ビッグデータ・システムに対応して拡張性を向上