概要

IBM Security zSecure Audit for Top Secretにより、CA Top Secretを実行しているメインフレーム上のセキュリティー・イベントとセキュリティー・リスクを検出して、報告することができます。IBM z/OS、IBM MQ for z/OS、IBM Db2、IBM顧客情報管理システム(CICS)、IBM情報管理システム(IMS)、UNIX、Linux on IBM z SystemsのCA Top Secret製品の制御の監視と監査をサポートします。zSecure Audit for Top Secretは、メインフレームが企業全体のセキュリティーの監視機能の一部として組み込まれるように、IBM Security QRadar Security Information and Event Management(SIEM)との統合を実現します。
IBM Security zSecure Audit for Top Secret

セキュリティーの弱点を特定

セキュリティー・ベースラインと機密性の高いリソースを追跡して監視し、セキュリティー・リスクと高額なコストを伴うセキュリティー侵害のリスクを最小限に抑えます。

監査の正確性を確保

Top Secretを実行しているメインフレーム上のライブ・セキュリティー・データにアクセスして、最新の監査の正確性を確保します。

セキュリティーの適応範囲を拡大

広範囲のシステム管理機能(SMF)レコードと事前定義イベントのレポートを提供して、ユーザーの動作を報告し、システム・セキュリティーを出し抜く可能性のあるユーザーを特定します。

主要な機能

  • セキュリティー・リスクの自動検出
  • 多数の製品からのイベント収集
  • カスタマイズ可能なレポート
  • QRadar SIEMとの統合
  • 広範囲のSMFレコードとイベント・レポートを提供
  • ビッグデータ・システムの拡張性