おすすめ資料

お客様のビジネスにどのように活用できるかをご確認ください。

動画

この製品の詳細を(短編)動画で見る

z Systemsセキュリティーのリスク管理に関する最善の手法

企業がメインフレームでシステム、アプリケーション、データのリスクを軽減できる方法についての10の最善の手法を説明します。

視聴する

企業のコンプライアンスを保護し、脅威に対する警戒を維持

zSecureソリューションがリスク管理、操作の自動化、効率の向上、複雑さの最小化、セキュリティーの強化を支援する方法を説明します。

視聴する

IBM Security zSecure: コンプライアンスを保護して、警戒を維持

zSecureソリューションを使用して、企業のコンプライアンスを保護し、脅威に対する警戒を維持する方法をご覧ください。

視聴する

ホワイト・ペーパー

この製品に関するビジネス・ガイドラインと最善の手法を入手できます

よりスマートなメインフレーム・データ・セキュリティーを実現するための4つのステップ

IBM Securityソリューションを使用して、企業データという「宝物」を保護する方法をご覧ください。

資料を読む

効果的なID管理によってメインフレームのリスクを軽減

メインフレーム環境におけるIDガバナンスのニーズについて説明しています。

資料を読む

IBM Security zSecure Suite

zSecureの製品とソリューション・パッケージのポートフォリオに関する対話式のホワイト・ペーパーです。

資料を読む

10の最善の手法によってリスクを軽減し、メインフレームのセキュリティーを強化

IBM z Systemsメインフレームで企業の「宝物」に対するセキュリティー・リスクを軽減する方法を説明します。

資料を読む

IBM z Systemsの分析やセキュリティー・インテリジェンスに対する脅威に打ち勝つ

メインフレームのセキュリティー・インテリジェンスは、ほぼリアルタイムの分析を提供する拡張機能により、よりコグニティブになりつつあります。

資料を読む

最大のぜい弱性: 特権ユーザー

特権ユーザーのエラーや、メインフレーム上での悪意のある外部のなりすましから生じるリスクを軽減します。

資料を読む

不要な定義が残るなど、適正な管理状態ではないデータベースをきれいにして、メインフレームの安全な稼働を維持

IBMは、zSecureを使用して、RACFデータベースから不必要な定義を整理する支援をします。

資料を読む

IBM z Systemsを使用して、ランサムウェアから保護

ランサムウェアの発生率は著しく上昇していますが、IBM z Systemsは保護のためのデータ・セキュリティー機能を提供します。

資料を読む

その他関連リソース

この製品がお客様のビジネスにどのように役立つかを見る

zSecure Auditデータ・シート

IBMリソース・アクセス管理機能(RACF)のメリットと機能をご覧ください。

資料を読む

zSecure Audit for RACFとzSecure Adminを併用する方法

明確に異なっていながら相互に補完するこれらの製品を使用して、RACFシステムの管理と監査を行う方法を説明します。

その他関連情報