概要

IBM Security zSecure Audit for ACF2により、メインフレーム上のセキュリティー・イベントとセキュリティー・リスクを検出して、報告することができます。IBM z/OS、IBM MQ for z/OS、IBM Db2、IBM CICS、UNIX、Linux on IBM z Systems、CA ACF2で動作します。また、ACF2データベースを分析し、ログインIDやルールなどのACF2定義についてのレポートを作成して、IBM Security QRadar SIEMと統合できます。
IBM Security zSecure Audit for ACF2

リスクの軽減

多大なコストを伴うだけでなく、企業を潜在的な脅威にさらす可能性があるセキュリティーの弱点を特定します。

レポート作成タスクを自動化

複数の論理区画(LPAR)にわたる監査とコンプライアンスのレポート作成タスクを自動化します。セキュリティー・ベースラインと機密性の高いリソースを追跡して監視します。

セキュリティーの適応範囲を拡大

広範囲のSMFレコードと事前定義イベントのレポートを提供して、ユーザーの動作を報告し、システム・セキュリティーを出し抜く可能性のあるユーザーを特定します。

主要な機能

  • 業界のコンプライアンスに関する要求に対応
  • ACF2データベースの可視性を実現
  • QRadar SIEMと統合
  • ビッグデータ・システムに対応して拡張可能
  • 一般的なIBMシステムと統合

購入・お問い合わせ

詳細を表示