概要

IBM Security zSecure Auditは、IBMリソース・アクセス管理機能(RACF)、CA-ACF2、CA Top Secret Securityのメインフレーム・セキュリティー・ポリシーの有効性を測定して検証します。zSecure Auditは、レポートを生成することによって、特定のリソース(無保護データ・セットなど)に関連した問題をすぐに見つけ出し、メインフレーム・インフラストラクチャーのぜい弱性を分析できます。業界の規制に照らしてテストするためのコンプライアンス・フレームワークも提供します。その結果、エラーを削減し、サービス品質を全体的に高めることができます。
IBM Security zSecure Audit

障害の排除

監査制御点とセキュリティー・イベント・レコードの幅広い適応範囲により、支出を回避します。システムとユーザーに関する概要と詳細のレポートを生成することにより、監査証跡を作成します。

カスタマイズされたレポートを提供

特定のイベントやセキュリティー侵害の発生時に素早く問題を特定できるようにカスタマイズ可能なレポートを生成するため、エラーを削減して、サービスを改善することができます。

セキュリティー・リスクの最小化

データ分析を使用して、システムの変更を検出し、セキュリティー・リスクを最小限に抑えます。区分データ・セットのメンバーにおける変更を特定して、メンバーの追加、削除、変更のいずれが行われたかを示します。

重要な情報の収集と分析

RACF、ACF2、Top Secretを搭載したIBM z/OSで稼働するメインフレーム上のライブ・セキュリティー・データにアクセスできるようにして、最新の監査の正確性を確保します。

主要な機能

  • セキュリティーのリスクと誤構成の検出を自動化
  • 複数の製品からのイベント収集
  • カスタマイズ可能なレポート
  • QRadar SIEMとの統合
  • ビッグデータ・システムの拡張性