スポットライト

機密データの監視

zSecure Alertは、メインフレーム上でIBM z/OS、IBMリソース・アクセス管理機能(RACF)、IBM Db2、CA、ACF2、IBM顧客情報管理システム(CICS)、IBM情報管理システム(IMS)、IBM Communications Server、IBM Tivoli Workload Scheduler、IBM Health Checker、Linux on IBM z Systems、UNIXのサブシステムを監視します。zSecure Alertは、脅威の知識ベースと有効な構成のパラメーターを組み合わせることで、保護を必要とするリソースを識別します。

悪意のある活動状況の検出

システム管理機能情報からセキュリティー侵害を検出するだけの他の製品とは異なり、zSecure Alertは、イベント・ログに記録されていなくても、悪意のある活動を検出できます。zSecure Alertは、リアルタイムの活動状況と直近のアクセス・パターンを比較して、さらに多くの脅威を検出します。

幅広い監視機能

zSecure Alertにより、複数のタイプの攻撃や構成の脅威を検出できます。例えば、不適切なログインや特権ログオン、ログオン試行の失敗、セキュリティー・ポリシーに違反する変更、システム権限の追加や削除、UNIXサブシステム上の疑わしい活動、データ・アクセスに関連する機密データ・リソース情報、特権ユーザー/グループの活動、zSecure Server接続の損失などを検出できます。

高速かつ柔軟なアラート

zSecure Alertは、高額なコストを伴う損害を防止するために、さらに効率的なインシデント対応を実現して、変更、不適切なアクセス・イベント、セキュリティーのぜい弱性を通知します。CARLa Auditing and Reporting Languageによってアラートを生成します。メール、携帯電話、ページャーでの配信用のほか、セキュリティーやネットワークの管理のための中央コンソールに合わせてカスタマイズできます。重要なシステム設定を監視して、変更が検出された場合にはアラートを発行します。規制へのコンプライアンスを実証することもできます。

対策に関するガイダンス

zSecure Alertは、脅威の検出時に実行する対策に関するガイダンスを提供します。zSecure Adminを使用して、対策の事前定義とカスタマイズを実行できます。例えば、特定のセキュリティー・イベントが発生した場合に、ユーザーを即時に取り消したり、アプリケーションをシャットダウンすることができます。オペレーター宛メッセージを送信して自動操作を起動したり、RACFコマンドを自律的に発行することができます。これらの対策により、管理者は、障害やリスクを素早く診断して対応することができます。

ビッグデータ・システムの拡張性

V2.2.1では、より多くのデータを処理可能にするために、2GB境界(バー)を超えるストレージを利用できます。より多くの仮想メモリーを使用できる能力は、ページングや、実ストレージの必要量に影響する可能性があることに注意してください。これはまた、2GB境界より下のストレージを他のプログラムに解放します。z196以上のモデルでは、自動的に64ビット・アドレッシングが有効になりますが、31ビット・アドレッシングへ戻すこともオプションで選択可能です。実行するプログラムは、SE.0(SETUP RUN)オプションの2番目のパネル上で選択できます。

購入・お問い合わせ

詳細を表示