概要

IBM Security zSecure Alert for IBM Resource Access Control Facility(RACF)は、特定の時点の監視からほぼリアルタイムのアラートへの移行を実現することで、メインフレームのセキュリティー・イベントの管理と監視を効率化します。セキュリティー侵害や誤りを素早く傍受できるようにして、システム、アプリケーション、データの機密性、整合性、可用性を維持します。zSecure Alert for RACFは、IBM Communications Server、UNIX、IBM Tivoli Workload Schedulerを含む、IBM z/OS、IBM Health Checker、RACF、CA ACF2、主要サブシステムを監視し、アラートを生成します。
IBM Security zSecure Alert for RACF

システム設定とデータを監視

イベント・トリガーがない変更を検出するよう、重要なシステム設定や機密データの継続的な監視をサポートします。変更が検出された場合に通知するように、アラートを構成できます。

データを安全かつセキュアに維持

脅威の知識ベースを提供して、関連のある攻撃パターンを特定し、複数のタイプの攻撃を検出できます。他の人が構成の誤りの知識を利用する前に処置するよう支援します。

高コストの損害を予防

重大アラートを送信して、ビジネスに多大な影響を与える可能性のあるセキュリティー・インシデントに対応できるようにし、企業全体にわたる監視ツールにメインフレームのセキュリティー・イベントを組み込みます。

アラートをカスタマイズして作成

ほぼリアルタイムのアラートの作成と管理を可能にして、実装者と監視機能の間で職務の分離が実施されるようにします。

主要な機能

  • 機密データと重要なシステムの監視
  • 悪意のある活動状況の検出
  • 幅広い監視機能
  • ほぼリアルタイムのアラート・メッセージ
  • 高速かつ柔軟な重大アラート
  • ビッグデータ・システムの拡張性