概要

IBM® Security zSecure™ Alert for ACF2は、メインフレームのセキュリティー用に、脅威の検出と防御のための監視機能をリアルタイムで提供します。侵入者や不適切な構成を監視し、アラートや自動化コマンドを使用して、攻撃や構成の誤りに対処します。zSecure Alert for ACF2は、セキュリティーのイベント管理と監査の努力を最適化してセキュリティーの保守作業を減らすことにより、システムの可用性を強化し、アクセス制御を補完します。IBM Resource Access Control Facility(RACF®)またはCA ACF2を備えたIBM z/OS®システムで利用できます。
IBM Security zSecure Alert for ACF2

システム設定とデータの監視

重要なシステム設定や機密データを監視して、イベント・トリガーのない変更を検出します。規制要件や業界標準をサポートします。

データを安全かつセキュアに維持

脅威の知識ベースを提供して、関連のある攻撃パターンを特定し、複数のタイプの攻撃を検出するために役立ちます。他の人が誤った構成の知識を利用する前に対処する支援をします。

高コストの損害を予防

重大アラートを送信して、セキュリティー・インシデントに迅速に対応できるよう支援します。セキュリティー情報を、自動的にQRadar® Security InformationおよびEvent Management(SIEM)に送信します。

アラートをカスタマイズして作成

ほぼリアルタイムのアラート・メッセージを作成して管理できます。アラートは、変更が検出された場合に、管理者や管理職に通知されるように設定できます。

主要な機能

  • 機密データと重要なシステムの監視
  • 悪意のある活動状況の検出
  • 幅広い監視機能
  • アラートのカスタマイズ
  • ほぼリアルタイムの重大アラート
  • ビッグデータ・システムの拡張性