概要

IBM® Security zSecure™ Administrationは、使用するリソースを減らしながら、メインフレームの安全性を効率的に管理するよう設計されたツールを提供します。zSecure Administrationは、多数の反復的な管理タスクを自動化することで、コストを削減して、ITリソースを最大限に活用し、エラーを削減して、サービス品質を向上させ、特権ユーザーによる不正使用を防止します。機能を強化するMicrosoft Windowsのグラフィカル・インターフェースを備えたこの優れたセキュリティー・ソリューションは、潜在的な問題を素早く特定して、セキュリティー侵害のリスクを最小限に抑え、ITシステムの正常性を強化します。
IBM Security zSecure Administration

潜在的な問題を素早く特定

オフラインのテストとシミュレーションにより、品質を向上させ、セキュリティーの問題を引き起こす誤りを削減し、自動プロファイル・クリーンアップによって人件費を削減します。

効率の向上

時間を要する反復的なIBMリソース・アクセス管理機能(RACF®)のタスクの自動化により、管理ワークロードを軽減します。

複数システムを容易に管理

RACFインフラストラクチャー全体にわたる可視性により、1つのユーザー・インターフェースから管理と報告を行い、Windowsのグラフィカル・インターフェースからプロファイルを管理できます。

メインフレームのセキュリティー機能を簡素化

単純なRACF管理タスクを統合して、あまりスキルを持っていないスタッフに委任し、非集中型のRACF管理と職務の分離を実現します。

主要な機能

  • セキュリティー管理の自動化と簡素化
  • 潜在的な問題を迅速に特定
  • 複数システムを単一セッションから管理
  • メインフレーム・セキュリティー管理の統合
  • ビッグデータ・システムの拡張性

購入・お問い合わせ