スポットライト

ブラウザーから利用でき、クライアント・アプリケーションの管理が不要

z/OSMFは、z/OSからz/OSを管理します。 クライアント・アプリケーションは、z/OS側から読み込み、Webブラウザーで実行します。 この仕組みにより、個々のワークステーションでクライアント・アプリケーションを保守する労力とリスクを抑えることができます。

HTTPSとSAFベースで安全性を高める

z/OSMFクライアントはHTTPSでバックエンドと通信し、通信の安全性を高めます。 z/OSMFの認証と承認も、z/OSの安全性をさらに高め、z/OSの既存の安全性要件に沿ったSAFに基づいて実施されます。

システム全体の制御を一元化

一元化した制御で、クラスター内のz/OSシステムを管理します。 たとえばWLMポリシーを1カ所で管理できます。 1カ所で複数のクラスターを管理できるz/OSMFプラグインもあります。

ワークフローでプログラマーの作業を合理化

ワークフローの活用により、z/OSのインストール時にシステム構成の管理を担当するシステム・プログラマーやセキュリティー管理者などの作業をサポートします。 ワークフローは体系化された手順を備えたフレームワークであり、ガイド付きの手順を提供して作業を効率化します。 ワークフローの責務の割り当てと進捗の追跡に使用する管理機能も用意されています。

多くのビューを備えたシスプレックス管理

シスプレックス管理では、シスプレックス・リソースにグラフィック・ビューとテーブル・ビューを利用できます。 トポロジー・ビュー以外に、物理ビュー、接続ビュー、接続の詳細ビュー、結合機構構造ビューなど多くのビューがあります。

z/OSオペレーター・コンソールでシステムとの対話が可能に

z/OSオペレーター・コンソールにはz/OSコンソールと連携する機能があります。 システム・メッセージを表示し、システム・コマンドを入力できます。

ソフトウェア管理がプロセスを簡素化

z/OSソフトウェアの管理用に一元化された場所を提供することで、ソフトウェア管理プロセスを簡素化します。

インシデント・ログで診断を簡素化

問題データ管理プロセスで、時間のかかる手動部分を簡素化および自動化します。 システムが検出し、ユーザーが開始したインシデントをまとめて表示し、問題発生時に収集した関連ログとダンプをIBMまたは他のベンダーに送信して詳細な診断を得ることができます。

ワークロード管理ツールでリソースの割り当てをサポート

z/OSMFのワークロード管理から提供されるブラウザー・ベースのユーザー・インターフェースで、リソースの割り当て時にz/OSワークロード管理(WLM)が使用するガイドラインを提供するWLMサービス定義を管理できます。 具体的な管理内容は、WLMサービス定義の作成、修正、表示、コピー、インポート、エクスポート、印刷などです。 サービス定義をシスプレックス用のWLM統合データ・セットにインストールし、サービス・ポリシーを有効にして、WLMの状況をシスプレックス内のシステムごとに表示できます。

柔軟性の高いパフォーマンス・リソースの監視

リソース監視はWebベースのユーザー・インターフェースで、お客様が使用しているz/OS、AIX、Linux、Windowsの各システムのパフォーマンスの監視に使用できます。 Resource Measurement Facility™(RMF™) Monitor IIIが対応する指標のほとんど(指標のカスタム・ビューの作成と保存、リアルタイム・データの棒グラフでの表示など)を監視できます。

容量プロビジョニングでドメインを管理

z/OS Capacity Provisioning機能は、ブラウザー・ベースのユーザー・インターフェースを提供し、ドメイン構成とポリシーを管理するz/OS Capacity Provisioning Managerと連携します。 z/OS Capacity Provisioning Managerの状況に関するさまざまなレポートの依頼にも利用できます。

RESTデータ・セット、ファイル・サービス、ジョブ、コンソール・サービス

z/OSMFは、言語とプラットフォームに依存せず、ステートレスで拡張性が高く、解析が容易な使いやすいサービスを提供するRepresentational State Transfer(REST) APIの使用をサポートします。 z/OSデータ・セットとファイルRESTインターフェース・サービスは、z/OSデータ・セットおよびUNIXファイルと連携するためのプログラミング・インターフェースを提供します。 一連のRESTサービスはバッチ・ジョブとの連携向けに提供され、コンソール・サービスはz/OSコンソール操作実行のためのプログラミング・インターフェースを提供します。

おすすめ関連製品

IBM z/OS Communications Server

IBM® z/OS Communications Serverは、FTP、Telnet、アプリケーションのリモート実行などの一般的なアプリケーションを提供する可用性の高い企業向けトランザクション/データ・サーバーです。 最適な生産性を目指して開発されており、メインフレーム・ワークロードの開発および共有のための安全なプラットフォームを提供します。ご使用のz/OS TCP/IP接続およびEnterprise Extender接続の暗号保護属性を容易に照会して分析できるようにするため、新しいz/OSMFプラグインであるIBM z/OS Encryption Readiness Technology(zERT)Network Analyzerを利用できるようになりました。

詳細を表示

IBM Resource Access Control Facility (RACF)

アクセス制御による重要なデータ・リソースを保護します。

詳細を表示

今すぐ試す

購入・お問い合わせ