概要

IBM z/OS Data Set Mobility Facility(zDMF)は、割り当てられた重要なメインフレームのデータ・セットをほぼ即時に移動する、無中断のデータ・マイニング・ソリューションです。大規模な移行の管理に伴う複雑さを軽減し、確実にオンラインでアプリケーションを使用できる状態に維持します。

zDMFは、ディスク容量が異なるマルチベンダー環境のハードウェア全体のデータ・セットのグループを移行することで、手動によるデータ・セット移行を回避し、エラーとダウン時間を最小限に抑えます。データ・セット移行の高速化により、次のことが可能になります:

  • 新しいメインフレーム・ストレージの導入コストとITの人件費を削減
  • リースや保守のオーバーラップを最小化
  • 実質的に停止を排除
IBM z/OS Data Set Mobility Facility

柔軟性

アプリケーションを中断することなく、ディスク容量が異なるマルチベンダー環境のストレージにわたって、データ・セットを即時に移行します。

停止の可能性を回避

IBM Db2のデータ移行を完了し、Db2ストレージの再利用や再配置を可能にします。

自動的な統合と移行

アプリケーションをオンラインで使用できる状態に維持するため、手動によるデータ・セット・レベルの移行を回避します。

すべてのデータ・セット・ボリュームを処理

小容量ボリュームから大容量ボリュームへのデータ・セットの移行を実行します。

その他の選択肢の利用

データの移行またはストレージ・テクノロジーのリフレッシュを行うベンダーを選択できます。

購入・お問い合わせ

詳細を表示