スポットライト

オンプレミスやクラウドのx86ハードウェア上でのz/OSの開発およびテスト

IBM Z Development and Test Environmentは、x86互換のシステムやクラウド上で稼働する、分離された制御可能なIBM Z環境を提供します。メインフレーム・アプリケーションの構築やコード変更と環境変更(新規トランザクションやリソース定義など)の実装とテストを、IBM Zハードウェア上に実装する前に行います。この環境を実働ワークロードで使用しない場合でも、z/OSベースのアプリケーションの開発、テスト、社員教育、デモンストレーションに使用できます。

セルフサービスの構築と展開のためのWebベースのインターフェース

Webベースのインターフェースを使用して、オンプレミスやクラウドのx86ハードウェア上に追加のz/OS開発環境とテスト環境を構築し、展開を自動化します。システム・プログラマーが、必要なセキュリティーとコントロールとともに、より迅速にz/OSアプリケーション・イメージを作成できるようにします。 開発者とテスターは、開発とテスト目的でこれらの正式なイメージをわずか数クリックで自動展開でき、必要とする自律性とアクセスが、仮想化、複製、初期化可能なハードウェアの使用で容易に獲得できます。

IBM z/OSミドルウェアの現在のレベル

現状のまま、サポートされないz/OSソフトウェア・ディストリビューションが付属しますが、これにはIBM z/OS、IBM CICS、IBM IMS、IBM Db2、IBM WebSphere、IBM z/OS Connect、COBOL、PL/I、C++、Javaおよび高レベル・アセンブラー(HLASM)が含まれます。 また、IBM Developer for z Systems、Rational Team Concert、IBM UrbanCode Deployを含む複数のDevOps for Enterprise Systemsツールのz/OSコンポーネントも含まれます。

IBM Zの教育環境

従業員の教育活動のためにIBM Zメインフレームを用意する必要性がなくなります。環境を簡単にリセットできるため、何かを壊してしまうのではないかという心配をせずに試すことができます。複数のユーザーが自分のシステムで学習できるため、短時間で柔軟に学習できます。

OpenStackとのクラウド統合(V12の新機能)

クラウド統合によりプロビジョニング時間がさらに短縮され、より動的な環境が実現します。z/OS企業は30分以内でテスト環境のプロビジョニングを完了できるようになり、テストのボトルネックを排除できます。

DevOpsパイプラインを統合するRESTful API(V12の新機能)

RESTful APIでz/OS環境の構築と展開を自動化できます。RESTful APIにより、お客様のDevOpsパイプラインにIBMが提供する機能を統合できます。

技術的詳細

ソフトウェア要件

ソフトウェア要件の詳細については以下をご覧ください。

    ハードウェア要件

    ハードウェア要件の詳細については以下をご覧ください。