IBM Z Open Developmentの主要機能

Waziのテクノロジー・プレビューに参加

WebベースのIDEでCOBOL開発に興味がありますか? Waziのテクノロジー・プレビューにご参加ください。このテクノロジーは使いやすいDockerイメージを使用し、人気のあるTheiaのオープン・ソース・プロジェクトに基づいています。メインフレームの開発用にZowe Open Mainframeプロジェクトを活用・拡張します。

COBOL、JCLおよびPL/I用の最新エディター

COBOL、JCLおよびPL/I用のエディターは、Eclipseベースのエディターの親しみやすさと機能を提供します。構文の強調表示やソース・アクションなど言語固有の機能も提供します。

プログラムを理解しやすくする視覚的表示

プログラム制御フローは、COBOLまたはPL/Iプログラム内の論理フローの視覚的表示機能を提供します。 これを使用して、編集しているプログラムのロジックを理解し、ロジックの潜在的な問題を識別でき、また、使用されていないコードを検出できます。 プログラム・データ・フローは、COBOLプログラム内のデータ・フローの視覚的表示および階層表示機能を提供します。 この機能を使用して、データ・エレメントが取り込みまたは変更される方法を検査できます。 データ・エレメント・ビューは、COBOLまたはPL/Iプログラムのデータ・エレメントについての情報を表示します。

IBM z/OS Debuggerによる効率的な最新のデバッグ

このEclipseベースのGUIによるソース・レベルのデバッガーは、COBOL、PL/I、C/C++で作成された24ビットと31ビットのz/OSアプリケーション向けに先進的なデバッグ機能を提供します。このツールを使用すると、デバッグ対象のプログラムのステップを確認しながら進め、変数を監視・変更し、デバッグ・セッション中とデバッグ・セッション前にブレークポイントを設定して、プログラム・メモリーを精査できます。IBM z/OS DebuggerにはVisual Debugも含まれ、COBOLとPL/Iのプログラム実行フロー(現在の実行パスを含む)のグラフィカル・ビューを提供します。

最新のソース・コード管理

IBM Z Open DevelopmentにはRocket Software GitとEGIT Eclipse Pluginが含まれます。Rocket Gitをパイプライン・コーディネーターやIBM DBBと組み合わせて使用すると、Github、Gitlab、BitbucketなどのエンタープライズGitリポジトリーの分岐から抽出したアプリケーションをz/OS上で全体的または段階的に開発することができます。Rocket Software GitはGNU General Public Licenseに基づいて提供されるオープン・ソース・ソフトウェアです。ソース・コードはIBMのパートナーのWebサイトにあります。

インテリジェントなビルド機能

Dependency Based Buildツールキットは、インテリジェントなビルド・スクリプトの定義に使用できるJava APIのセットを提供します。 Dependency Based Build APIを使用して、インテリジェントなビルド・スクリプトを作成するプロセスを簡単にするために、ツールキットにはUNIX®システム・サービスで稼働するよう変更されたApache Groovyインストールが含まれています。 APIは任意の言語で使用できますが、提供されるサンプルはGroovyを使用し、GitHubで保守されます。

簡単な統合

編集機能を持つDependency Based Buildの統合を使用すると、ユーザーはパイプラインのビルドに定義されたものと同じビルド・スクリプトを採用することによって、プログラムをコンパイルできます。 これには特定のホストへのファイルや依存関係のコピー、ビルド・プロセスの実行、エラーやその結果のリターンが含まれます。 さらに、IBM Z Open Developmentは、IBM z Systems®上のRational Team Concertと統合して、統合した連携するアプリケーション開発環境をz/OS開発者に提供します。

おすすめ関連製品

IBM Developer for z/OS

z/OSアプリケーションを開発・保守するための高度なツール・セット

詳細を表示

IBM Application Delivery Foundation for z/OS

z/OSアプリケーション開発用のエンタープライズ・ツール

詳細を表示

IBM Debug for z/OS

z/OS環境の複合アプリケーションに対する高度なデバッグ

詳細を表示

仕組みを見る

今すぐ試す