Z Open Developmentは簡単に変換を実現するための最初のステップです。

IBM® Z® Open DevelopmentはRocket Gitとともに、完全な分離や並列開発などのソフトウェア構成管理のコア機能を提供します。

このオファリングにはIBM Dependency Based Buildも含まれ、z/OS®上でGroovyスクリプトを起動し、Jenkinsのような標準の継続的統合(CI)ツールのプログラムを段階的にコンパイルし、リンク・エディットできます。

IBM Z Open Developmentには最新のエディター、プログラムとの互換性、ビジュアルなデバッグ機能が含まれるため、開発者はメインフレームのコードを使用して作業ができます。

分断の解消

メインフレームと分散システムの開発チームが共有SCMで協力して作業を行います。

並列開発機能

GitやRTCなどの最新のSCMがDevOpsに必要な並列開発の機能を提供します。

オープンな統合

Dependency Based Buildとエディターを活用すると、開発者は簡単に開発を行い、共通のパイプラインにビルドを提供できます。

IBM Z Open Developmentの主要機能

  • Waziのテクノロジー・プレビューに参加
  • COBOL、JCLおよびPL/I用の最新エディター
  • プログラムを理解しやすくする視覚的表示
  • IBM z/OS Debuggerによる効率的な最新のデバッグ
  • 最新のソース・コード管理
  • インテリジェントなビルド機能
  • 簡単な統合

お客様のニーズに最適なプランをご提案

  • IBM Z Open Development


    z/OSの開発を実績のあるオープンなDevOpsツールチェーンとシームレスに統合するためのエントリー・レベルのツールです。

  • IBM Developer for z Systems


    DevOpsまたは従来のソフトウェア・デリバリーを使用してz/OSアプリケーションを開発および保守するための包括的なツール・セットです。

  • IDz Enterprise Edition


    お客様の企業向けの1つのライセンスですべての機能が提供され、ユーザー単位(許可ユーザーおよびフローティング・ユーザー)でライセンスが交付される DevOps変換のすべての段階をサポートします。

仕組みを見る

今すぐ試す