メトリックを取得するシステムおよび環境

IBM CICS

IBM CICSは、卓越したトランザクション・パフォーマンスと接続性を備えた、基幹業務アプリケーション向けサーバー・ファミリーです。トランザクション追跡は、MQ(MQI/JMS)、HTTP、SOAPエントリー・ポイントから流れるCICSトランザクションのトランザクション・タイミング・データを提供します。リソース監視は、トランザクションおよびストレージのメトリックと、Db2、IMS、MQシステムへの接続の一般的な正常性といった、重要パフォーマンス情報を領域ごとに分析します。

IBM z/OS

IBM z/OSは、IBM Zシステム・メインフレーム向けの非常に安全かつ拡張性の高い、回復力に富む企業向けオペレーティング・システムです。Resource Monitoring EnhancedのCPU、共通ストレージ域、ページング率などの監視機能とメトリック機能が強化されています。また、100万サービス単位の容量と使用量についての統計情報にもアクセスできます。100万サービス単位の詳細情報は、5分間隔で利用できます。

IBM IMS

IBM Information Management System(IMS)は、先進の可用性、パフォーマンス、安全性、拡張性で、データの管理と分散の両方に対応する非常に強力な機能を提供します。トランザクション追跡は、CICSから流れるIMS DBトランザクションのトランザクション・タイミング・データを提供します。リソース監視は、サブシステムごとのパフォーマンス情報(CPUの使用状況(アドレス・スペースにより入手可能)、キュー率、トランザクション・メトリック、個別の領域ステータス、占有率など)を提供します。

IBM CICS Transaction Gateway

IBM CICS Transaction Gatewayは、CICS Transaction Server for z/OS(CICS-TS)に対する拡張性の高いマルチユーザー・アクセスを提供します。リソース監視機能は、ゲートウェイ・デーモンのステータスとCICS-TSコミュニケーションの一般的な正常性の監視機能とメトリック(要求と応答の統計情報と、トランザクション・メトリックを含む)機能を提供します。CICS Transaction Gatewayには、外部CICSインターフェース(EXCI)アプリケーションの操作、IP相互接続(IPIC)、さらにCICS-TS領域数についての統計情報が含まれます。

IBM Db2

IBM Db2は、あらゆる規模の企業に究極のパフォーマンス、柔軟性、拡張性、信頼性を提供するために最適化された企業レベルのデータベースです。トランザクション追跡は、CICSから流れるDb2トランザクションのタイミング・データを提供します。リソース監視は、Db2の健全性の測定に役立つDb2のパフォーマンス情報(CPUメトリック(LPARおよびDb2サブシステムごと)、スレッド、トランザクション、ロック・メトリックに加え、バッファー・プールとストレージの統計情報に関するその他の重要指標)を提供します。

IBM MQ

IBM MQは、メッセージ・キューを使用してクラウド、モバイル、モノのインターネット(IoT)、オンプレミス環境の間の情報交換を容易にするメッセージング・ソリューションです。MQは、CICSへと流れるMQデータのトランザクションを追跡し、MQコンポーネントのリソース監視、キュー管理、コマンド・サーバー、チャネル、サーバー接続の機能を提供します。エージェントは、未確定チャネル、リスナー問題、リセットされないイベント、送達不能キューのメッセージでの重要なMQエラーとその他の問題を監視します。

z/OSシステム上で実行するJVM

Java仮想マシン(JVM)は、z/OS上のクラウド、分析、モバイル、セキュリティー(CAMS)の次世代ワークロードを実現する当たり、その重要性がますます高まっています。JVMには、ガーベッジ・コレクション(GC)、占有率、スレッド、ロックについてのメトリックを含む、JVMに関する重要指標を監視するリソース監視機能が含まれます。さらに、個別ジョブ、GCモード、ヒープ・サイズ、最大使用率に関する重要なJVM環境データも含まれます。

IBM z/OS Connect Enterprise Edition

z/OS Connectは、z/OSのRESTfulゲートウェイで、z/OSサブシステムへの共通APIアクセスを可能にします。リソース監視機能は、RESTサービス名、要求数、応答時間、その他の重要メトリックを提供します。

技術的詳細

ソフトウェア要件

IBM Z Application Performance Management Connectのオペレーティング・システム要件は次のとおりです:

  • Red Hat Enterprise Linux Server 6、OS: 6.2以降、ハードウェア: x86-64、ビット: 64-Exploit
  • Red Hat Enterprise Linux Server 7、OS: Base以上、ハードウェア: x86-64、ビット: 64-Exploit

ハードウェア要件

IBM Z Application Performance Management Connectにはハードウェア要件はありません。