概要

IBM® XL C/C++ for z/VM®は、大規模で複雑な、計算主体のアプリケーションを開発するための最適化コンパイラーです。IBM XL C/C++ for z/VMにより、z Systems®ハードウェア向けに最適化されたCおよびC++アプリケーションを作成できます。
IBM XL C/C++ for z/VM

アプリケーション・パフォーマンスの最適化

ループのパフォーマンス向上を目的とした最適化機能である高次変換をサポートするのに加え、先進かつ積極的なレベルの最適化コンパイラーであるOPTIMIZE(3)またはOPT(3)もサポートします。

容易なアプリケーションの移行

ISO/IEC 9899:1999国際標準(C99)、ANSI/ISO 1998 C++標準、標準準拠のCコンパイラーに準拠しており、C++標準ライブラリーが付属しています。

アプリケーションの移植を単純化

業界標準をサポートすることにより、IBMプラットフォーム、他社プラットフォームにかかわらず、z/VMへのアプリケーションの移植を単純化します。

主要な機能

  • 幅広い最適化
  • C++標準ライブラリー
  • ユニコード・リテラルのサポート
  • GNUコンパイラー・コレクション(GCC)との互換性
  • より深いポインター分析
  • 保存済みオプション文字列機能
  • メッセージ重大度変更のサポート
  • デバッグのサポート