概要

IBM XL C for AIXは、IBM Power Systems用のCで記述されたアプリケーションの作成と保守を容易にするコンパイラーです。先進のPOWER8アーキテクチャーを活用し、お使いのハードウェアの使用効率を高めるコードを生成します。高度なコンパイル技術で、Power Systems上のアプリケーションの性能を最適化します。

PowerハードウェアのROIを最大化

POWER8アーキテクチャーを活用して、最新のマルチコア・プロセッサーを活用できるよう順次プログラムの並列化を自動化します。

アプリケーションの性能を最適化

高性能ライブラリー、プロファイル指示フィードバック(PDF)サポート、プロシージャー間分析(IPA)などの先進の最適化技術を提供します。

Power Systemsへの簡単なアプリケーション移行

C99プログラミング言語標準とC11プログラミング言語標準の一部に準拠します。

開発者の生産性を改善

診断レポートとシンボリック・デバッガーのサポートを提供することで、使いやすさを改善し、エンティティーの可視属性により動的リンクの効率性を高めます。

先進のIBMサポート

IBMの優れたサービスとサポートを利用できます。

主要な機能

  • 最新のPOWER8アーキテクチャーの活用
  • 共有メモリーの並列化
  • 高性能ライブラリー
  • プロファイル指示フィードバック(PDF)
  • プロシージャー間分析(IPA)
  • 言語標準に準拠
  • 診断レポート
  • シンボリック・デバッガーのサポート
  • エンティティーの可視属性

購入・お問い合わせ