よくあるご質問(FAQ)

この製品に関するよくある質問(FAQ)への回答をご覧ください。

有効容量とは、アプリケーションに割り振られたストレージの容量です。Thin Provisioningを使用すると、実効容量は、アレイの使用可能容量よりも大きくなります。圧縮が適用されると、スペース節約が予測可能になるため、オーバープロビジョンをモニターする必要がなくなります。

さらに詳しく

XIVモデル314の最大有効容量は2PBです。すべてのソフト容量がアプリケーションに割り振られると、この容量に達します。

さらに詳しく

非常に高いものです。IBM Real-time Compressionは、特許を取得したIBM Random Access Compression Engine(RACE)テクノロジーを使用して、圧縮可能なデータに対して現場で実証済みの圧縮率とパフォーマンスを実現します。RACEの圧縮テクノロジーは、XIVのほか、他のIBMストレージ製品でも正常に使用されてきました。

さらに詳しく

XIV 314は、旧モデルと同様に、99.999%を超える可用性を実現します。

さらに詳しく

圧縮は、実効容量を増やしながら、物理スペース、電力使用量、関連管理コストを節約することで、TCOを削減します。実際にどれくらいTCOが減るかは、ハード容量と圧縮率によって異なります。TCOの主要部分は、一般にGB単位で比較する購入コストです。

さらに詳しく

はい。 Realtime Compressionと一時的な局所性の最適化により、IBM RtCは、エンタープライズ・レベルのパフォーマンスでアクティブ1次データなどのすべての入出力に圧縮をリアルタイムで適用できるようにすることで、ハイブリッド・ストレージ・アレイ市場に実用的なデータ削減ソリューションのみを提供します。

さらに詳しく

既存の環境を変更する必要はありません。ストレージ・システムの一部を成すIBM Real-time Compressionは、アプリケーション、ホスト、ネットワーク、ファブリック、その他の外部ストレージ・システムを変更することなく実装されるように設計されています。

さらに詳しく

はい、XIVは、RtCの使用時に、キャッシュ・ヒット率の向上、効率的なリモート複製、データ移動の高速化というパフォーマンス上のメリットを提供します。

さらに詳しく