スポットライト

モビリティーの機会を最大限に活用

ビジネス・ニーズに対する現在のIT機能を評価し、革新的なテクノロジーによってパフォーマンスを高め、価値を最大化できる領域とのギャップを特定します。アプリケーションの展開手順を改善します。デバイス・レベルでの制御、区分、構成、暗号化、パスワード・ポリシーの適用など、企業のニーズに合わせて最適な管理ツールを選択できます。企業のネットワークが将来の課題に対応する準備ができているかどうかを判定できます。

モバイル戦略の策定

見込みのあるソリューション・アプローチと業界のベスト・プラクティスを特定して、企業ビジネスの中でモビリティーを強化する方法を模索します。個人所有デバイスの業務使用(BYOD)プログラムの継続または開始をご希望ですか?ユーザーへの教育、マルチベンダーのプラットフォームおよびデバイスからのアクセス許可、セキュリティー、帯域幅の優先順位付け、デバイス管理、ユーザー・サポートなど、関連する問題に対応できます。アプリケーションとデータを守るために、BYODと企業所有のデバイスのポリシーを評価します。

ソーシャル・ビジネスでコミュニケーションを強化

顧客やビジネス・パートナー、お互いとの直接のやりとりを制限するデバイスやアプリケーションをもつ社員の弊害となるものを取り除きましょう。CRM、e-メール、テキストと音声によるチャット、ファイル共有、イントラネット、サポート、リモート・システム制御などを可能にすることで、さまざまなユーザー・グループのモバイル・ニーズに対応できます。ベスト・プラクティスと業界標準に基づいて、デバイスとユーザーの行動を規制するためのガバナンス・モデルを作成できます。

実行に移すための包括的なロードマップを作成

お客様の最終的なロードマップでは、オフィスのデバイス、モビリティー、ユーザー・サポート戦略のほか、コミュニケーション、セキュリティーおよびガバナンスのポリシーについても考慮します。企業の将来の成長目標に合わせて、見込まれる投資収益率(ROI)の概算を算出します。あらかじめ作成されたソリューションから選択して、効率的でコスト効率が良く、迅速な方法でロードマップの検討を開始することができます。

IBMエンゲージメント・オプションから選択

厳密なエンゲージメントの完了までには、4週間から23週間かかる場合があります。IBMチームは、複数の部門と連携して、お客様のモビリティー機能と将来のニーズを収集し、分析します。その後、IBMはお客様と協力して明確な戦略を定義し、目標に向けたロードマップの作成を支援します。全体的な戦略とスコープに重点を置いた、アクセラレーター・オプションをご利用いただけます。データ収集とモデリングを組み込んで拡張することができます。