概要

IBM Web Content Managerは、Webとモバイルのさまざまなチャネルにわたるデジタル・コンテンツの開発と実装を迅速化します。この包括的なWeb管理システムでは、さまざまな対象者向けにコンテンツを作成、管理、公開できます。高度なパーソナライゼーション、迅速なサイト実装、モバイルおよびソーシャル・モバイル・ツールを搭載したIBM Web Content Managerでは、適切な情報を適切な対象者に配信することが可能になります。複数のシステムとの簡単な統合により、開発と配信に費やす時間を短縮できます。即応性と関連性が高く、魅力的で個々の状況に適したデジタル体験を配信し、管理します。

デジタル・チャネル向けの充実したコンテンツの作成

機能の豊富なテキスト編集ツールを使用して、IT部門が関与することなく、ビジネスの専門家やコンテンツの専門家が、素早く簡単に充実したWebコンテンツを作成、配信、および管理できます。

迅速なWebの開発と配信

コンテンツと情報資産を使用して、魅力的なデジタル体験を素早く開発して実装します。コンテンツ・アプリケーションを作成して、使いやすいテンプレート、設計、Webコンポーネントを配信します。

個々の状況に適したデジタル体験

パーソナライゼーション・ツールを使用して、デジタル体験を個人の状況に合わせて個別化することで、ユーザーのニーズ、行動、役割、言語、デバイス、好みなどに合わせて調整されたWebコンテンツを作成できます。

コンテンツのライフサイクルの管理

コンテンツのライフサイクル全体を通じてWebコンテンツを管理します。プロジェクト管理機能およびコンテキスト認識型ツールバーにより、Webコンテンツの作成、承認、バージョン管理、公開、および配信が容易になります。

ソーシャルとモバイルのコンテンツ管理

ソーシャル・ツールおよびモバイル・ツールにより、ソーシャル・メディアとモバイル・アプリケーション向けのさまざまなコンテンツ・タイプを管理できます。ソーシャル・メディア・マーケティング機能により、ソーシャル・チャネルでのコンテンツの公開と追跡が容易になります。

複数のシステムとの統合

複数のシステムとの素早く簡単な統合により、開発と配信に費やす時間を短縮できます。複数のチャネルにわたってWebサイトを展開し、コンテンツを管理するときのプロジェクトに費やすコストを削減することができます。

クラウド上のセキュリティーとプライバシー

  • IBMは、企業がIBMのクラウド・オファリングを使用するにあたり、セキュリティー、プライバシー、リスクのレベルを損なわずに、変化するビジネス・ニーズに合わせて迅速に適応できるよう努めます。

    IBMクラウド・セキュリティーの詳細を見る