スポットライト

構成可能な分野特有のビジネス・プロセス

構成が可能であるため、時間とコストのかかるコーディングなしに機能を追加/削除/変更する手段を提供します。Universal Access構成ツールを使用すると、管理者やスタッフはソフトウェアのコードを変更することなく、既成のコンテンツを変更し、組織特有のコンテンツを追加できます。

人間中心の設計

IBM Designの専門知識を活用し、市民が期待するような体験を配信します。

政府機関向けに構築された設計システム

今の政府機関のニーズに合うように、基礎から設計されたWeb設計システムによって、即応性に優れたアクセスしやすいWeb体験を、より良くより迅速に設計、構築します。最新のテクノロジー(React JavaScriptライブラリーなど)と手法を取り込み、事前構築されたUIコンポーネント、UXガイドライン、ページ・テンプレート、サンプルを提供します。

すぐに使用可能なアクセシビリティー

アメリカ合衆国のリハビリテーション法第508条(Section 508/WCAG)のガイドラインに記載されたAA等級の高いアクセシビリティー基準に合致したソリューションにより、能力や言語の異なるすべての市民がサービスにアクセスできるようにします。ガイダンスの活用により、あらゆる拡張機能とカスタマイズも第508条とWCAGガイドラインに準拠したものとなります。

安全性、パフォーマンス、拡張容易性

IBM Watson Health Solution for Universal Accessは、安全性、パフォーマンス、拡張性といったIBM最高峰の機能を活用しており、現在、8言語にわたる世界1億人のぜい弱な人々が利用できるようになっています。

相互運用性

拡張と各種バックオフィス・システムとの統合により、政府機関では、必要なサービスに利用客がアクセスするための単一の窓口を提供できます。

柔軟な展開オプション

オンプレミスでも、Software-as-a-Service(SaaS)としてクラウドでも、またはハイブリッド・モデルとしても展開可能です。IBMでは、ビジネス要件に応じて、適切なオプションを評価するお手伝いをします。

お客様導入事例

ケース・スタディーイメージ

ニューヨーク市人材育成局(NYC Human Resources Administration)―SNAP申請プロセスを改善

導入事例を読む

購入・お問い合わせ

詳細を表示