スポットライト

業界におけるリーダーシップ

IBMとCiscoは、15年間にわたるパートナーシップにおいて成功を収めてきた実績があり、共通するお客様は2万5,000を超えます。

パブリック、プライベート、ハイブリッドのクラウドに対応

クラウド・サービスへの拡張が可能で、簡便で効率的かつ多機能なインフラストラクチャーを提供するVersaStack for Hybrid Cloudを使用すれば、俊敏性を妨げる障壁を打破できます。パブリック・クラウドに対しては、オンプレミスのVersaStackとIBMクラウドとの間でのIBM Spectrum Virtualizeのネイティブ・ストレージの複製機能によりVersaStackを拡張し、高度な障害復旧力を提供します。プライベート・クラウドの場合は、IBM Spectrum AccessがVersaStack上に構築され、プライベート・クラウドのソリューションを提供します。

ビジネス・アプリケーションの加速

コスト効率の高いデータセンター・インフラストラクチャーの構築に役立つフラッシュ・メモリー・ベースのソリューションであるVersaStackを活用すれば、データセンター全体のパフォーマンスを加速し、高性能アプリケーションのサポートに必要なソリューションを導入できます。オールフラッシュ・ストレージであるIBM FlashSystem V9000、IBM FlashSystem A9000、IBM FlashSystem 900、IBM Storwize® V7000F、IBM Storwize V5030Fは、アプリケーションの性能を高速化させ、ほぼリアルタイムのビジネスに関する洞察によって、運用上の意思決定のための情報を提供します。

包括的なストレージ・オプション

オールフラッシュとハイブリッドのデータ・ストレージ・オプションにより、部門レベルの環境から大規模な実装環境まで、容量増大のニーズに幅広く対応します。また、IBM SANボリューム・コントローラー(SVC)は、既存のストレージ・ソリューションの最適化に役立ちます。1つの非常に強力な管理体制の下で、ブロック・データ、ファイル・データ、オブジェクト・データに対応するには、IBM Spectrum Scaleを追加してください。

ストレージ・リソースの安全な単一の制御点

IBMのストレージとIBM以外のストレージのストレージ容量をストレージ・エリア・ネットワーク(SAN)にプールして、階層型データの管理を向上し、単一の制御点から仮想化データをすべて暗号化してセキュリティーを強化します。

ストレージの効率化を実現

IBM Real-time CompressionをはじめとするIBMのデータ削減機能によってストレージ容量を増やし、設置スペース、電源および冷却機能の削減に貢献します。IBM Easy Tierは、階層型ストレージ環境におけるパフォーマンスと、ITコストのバランス調整に役立ちます。

シンプルな拡張容易性

オンプレミスでもクラウドでも、プールされた計算リソース、ネットワーク・リソース、ストレージ・リソースからの動的な割り振りを、簡単かつコスト効率の高い方法で提供します。これにより、設計、導入、管理のオーバーヘッドの削減を実現できます。

動的なデータ移行

複数のデバイスや、オンプレミス、クラウド・サービス間でデータを移行し、アプリケーションの性能とデータの可用性を犠牲にすることなく、ストレージ容量の効率的な管理とスケーリングを可能にします。

事前検証済みのソリューション

VersaStackは、Cisco Validated DesignとIBM Redbooksアプリケーション・ガイドによる裏付けに基づき、事前検証済みでコスト効率の高い、高性能なソリューションによってリスクを軽減します。低リスクでインフラストラクチャーの効率を向上しながら、アプリケーションの展開と配信を迅速化できます。