概要

IBM TXSeries for Multiplatformsは、クラウド環境および従来型のデータ・センター内のC、C++、COBOL、Java、およびPL/Iアプリケーションに対応する分散トランザクション処理ミドルウェアです。TXSeries for Multiplatformsは、基幹業務アプリケーションを開発、導入、ホストするための、拡張性および可用性の高いプラットフォームを提供するよう設計されています。また、RESTful APIのサポートにより混合言語のハイブリッド・クラウド・ソリューションへの統合が可能です。

分散トランザクションの管理

ビジネス・アプリケーション向けの、堅固で拡張性が高く、安全なプラットフォームを提供します。

ハイブリッド・クラウドの統合

RESTful APIのサポートにより、混合言語のハイブリッド・クラウド・ソリューションへの統合を実現します。

生産性の向上

ワークロード管理、可用性、効率改善の機能により、効率を向上しビジネスの成長を支援します。

強化された監視機能

高度な管理機能と監視機能により、管理用タスクを簡略化し、安全性を強化します。

広範な互換性

CICSアプリケーションと非CICSアプリケーションの両方との相互運用が可能で、それらすべてのアプリケーションにわたって拡張性と柔軟性を向上します。

問題解決

問題を特定して解決する広範な診断ツールにより、保守性を向上します。

主要な機能

  • 分散トランザクション管理機能
  • 生産性の向上
  • 管理アクションを合理化するための管理と監視
  • CICSシステムおよび非CICSシステムとの相互運用性
  • 広範な診断サポート
  • アプリケーションをRESTful APIとして公開