スポットライト

デュアル・ロボット・アクセサー

カートリッジをマウントするパフォーマンスとシステム全体の信頼性および可用性を高めるためにデュアル・アクセサー・モデルの利用が可能で、TS3500モデルHA1では、2から16のフレーム構成で2台のロボット・アクセサーが同時に作動します。

Capacity on demandと柔軟なアップグレード

最初のフレームでエントリー容量と中間容量を提供し、ストレージ・ニーズの拡大と共にTS3500システムを拡張できます。容量の拡張に必要なサービス中断は短時間であり、新しいフレーム取り付けの大部分はライブラリーのサービス中に行われます。

IBM LTO Ultrium 8テクノロジーとの互換性

TS3500は、最新世代のLinear Tape-Open(LTO)テクノロジーをサポートすることで、1カートリッジ当たり最大30TB(2.5:1圧縮時)、非圧縮の場合12TBの物理ストレージ容量を提供します。これは、前の世代のLTO Ultrium 7カートリッジの圧縮データの2倍の容量です。

コントロール・パスとデータ・パスの自動フェイルオーバー

事業継続性の向上と災害時回復をサポートする自動コントロール・パスやデータ・パス・フェイルオーバー

IBM TS3500 Tape Libraryの詳細

資料を読む

技術的詳細

ソフトウェア要件

IBM TS3500 Tape Libraryにはソフトウェア要件はありません。

    ハードウェア要件

    IBM TS3500 Tape Libraryにはハードウェア要件はありません。

      技術仕様

      TS3500ハードウェアの概要:

      • ライブラリーあたり1つの基本フレームと最大15の拡張フレーム
      • フレームあたり最大12台のドライブ(ライブラリーあたり最大192台)
      • 標準の16個のI/Oスロット
      • ライブラリーあたり最大600PBの圧縮データを保管するLTO Ultrium 8カートリッジ
      • ライブラリーあたり最大675PBの圧縮データを保管する3592拡張カートリッジ
      • サーバー接続用のLTOファイバー・チャネル・インターフェース

      おすすめ関連製品

      IBM TS4300 Tape Library

      拡張容易性によってデータの長期保管のニーズに対応します。

      詳細を表示

      IBM TS4500 Tape Library

      高密度ストレージと統合管理を実現します。

      詳細を表示

      IBM TS3310 Tape Library

      事業継続性とデータの長期保管をサポート

      詳細を表示

      購入・お問い合わせ

      詳細を表示