スポットライト

卓越した容量、性能、信頼性の実現

TS3200 Tape Libraryの4Uサイズの筐体には、中規模のストレージ環境に最適な48個のデータ・カートリッジ・スロットと、1つのメール・スロットがあります。

柔軟でコスト効率の高いストレージ・ソリューション

TS3200は、標準で搭載されるバーコード・リーダーを使用して、順次アクセス・モードまたはランダム・アクセス・モードで、コスト効率の高いバックアップ、保存、リストア、アーカイブの保存を行います。

ニーズに合わせて処理能力をスケールアップ

TS3200は、最大2台のLTOフルハイト・テープ・ドライブまたは最大4台のLTOハーフハイト・テープ・ドライブと、48個のテープ・カートリッジのデータ容量を使用します。また取り外し可能な4個のカートリッジ・マガジンで構成され、そのうち1個は左側(24基のデータ・カートリッジ・スロット)に、残りの1個は右側(24基のデータ・カートリッジ・スロット)に搭載されています。左側のマガジンには、ライブラリーの運用を継続しながらメディアをインポート/エクスポートするための入出力(I/O)スロットが組み込まれています。

データへの迅速なアクセス

独自のアプリケーションを必要とせずに、ファイル・レベルのデータ・アクセスを可能にするLinear Tape File System(LTFS)テクノロジーを搭載したIBM Spectrum Archiveをサポートします。

IBM LTO Ultrium 8テクノロジーとの互換性

TS3200は、最新世代のLinear Tape-Open(LTO)テクノロジーをサポートすることで、カートリッジ当たり最大30TB(2.5:1圧縮時)、非圧縮の場合12TBの物理ストレージ容量を提供します。これは、前の世代のLTO Ultrium 7カートリッジの圧縮データの2倍の容量です。

簡単なリモートでの管理

ストレージ運用の柔軟性と管理の強化を実現する、標準のWebインターフェースが含まれ、ライブラリーをリモートで管理できます。

IBM TS3200 Tape Libraryの詳細(PDF,761KB)

資料を読む

技術的詳細

ソフトウェア要件

IBM製サーバー、他社製のオープン・システム・サーバー用に、ネイティブ・デバイス・ドライバー・サポートが使用可能です。

    ハードウェア要件

    接続サポート: 8Gbpsファイバー・チャネル、6Gbps SASインターフェース、LVD SCSI、4Gbpsファイバー・チャネル、3Gbps SASインターフェース(LTO Ultrium 4フルハイト)

      技術仕様

      TS3200(3573 L4U): 構成とドライブのオプションにより仕様は異なります。詳細については以下をご覧ください。

      技術仕様の詳細を確認する

      おすすめ関連製品

      IBM Spectrum Archive

      長期的な階層型ストレージの経済性を向上させ、コストを削減

      詳細を表示

      IBM TS1155 Tape Drive

      次世代テープ・システムでストレージのニーズに対応します。

      詳細を表示

      購入・お問い合わせ

      詳細を表示