おすすめ資料

お客様のビジネスにどのように活用できるかをご確認ください。

動画

この製品の詳細を(短編)動画で見る

性能とコストのバランスを取りながら、保存要件に対応

コールド・データを保管するためにテープを使用することで、企業はフラッシュへ投資できるようにインフラストラクチャー・コストを節約して、性能を向上できます。

視聴する

仮想化とビッグデータ分析のストレージ要求の増大に対応

IBM Spectrum Archiveを使用すると、テープはコスト効率の良いストレージとなり、仮想化とビッグデータ分析を実行できます。

視聴する

IBM Spectrum Archive: クラウドに対応した費用対効果の高いストレージ

Spectrum Archiveと低コストのテープを使用してストレージ層を作成すると、データ・ストレージのコストを大幅に削減できます。

視聴する

Flape: 次世代ストレージ

データを適切な層に適切なタイミングで配置すると、フラッシュとテープ、つまりFLAPEは、ストレージの経済性を転換します。

視聴する

ハイブリッド・クラウドのためのテープ-ストレージの経済性を向上

IBMテープとIBM Spectrum Archiveにより、企業がハイブリッド・クラウドを最適化できる方法を説明します。

視聴する

その他関連リソース

この製品がお客様のビジネスにどのように役立つかを見る

テープが映画へ― M&E

IBM Spectrum Archiveとテープは、M&Eのストレージの課題への対応に役立つ強力なSoftware Defined Infrastructureとなっています。

インフォグラフィックを見る

ProtecTIERのインフォグラフィック

このインフォグラフィックでは、IBM ProtecTIERの価値提案を説明しています。

インフォグラフィックを見る

さらに多くのフラッシュが必要ですか? テープによってフラッシュに投資できます。

長期ストレージのためにディスクをテープに置き換えるだけで、さらに多くのフラッシュを購入して、50倍高速のデータ接続を実現できます。

インフォグラフィックを見る

購入・お問い合わせ

詳細を表示