概要

IBM TS2280 Tape Driveは、最新世代のLinear Tape-Open(LTO)を採用することで、前世代のテープ・ドライブよりも大容量の物理ストレージ容量を提供します。TS2280は、バックアップ用途に加え、クラウド、モノのインターネット(IoT)、アクティブ・ファイル・アーカイブといった最新のテープの使用例が示すように、データ需要の増大に対応しています。TS2280は、カートリッジ当たり最大30TB(2.5:1圧縮時)の物理ストレージ容量を提供し、データのバックアップや小規模なアーカイブ要件に対応します。
IBM TS2280 Tape Drive

ストレージ・コストの削減

同じ設置スペースで2倍のストレージ容量を提供。前世代のLTO Ultrium 7カートリッジ容量の2倍に当たる、最大30TB(圧縮時)の物理ストレージ容量を提供します。

データ管理の簡素化

IBM Linear Tape File System(IBM LTFS)をサポートするIBM Spectrum Archiveによって、テープ上のデータへ容易にアクセスできます。

コンプライアンス対応

データ暗号化機能とWrite Once Read Many(WORM)メディアのサポートにより、セキュリティーとコンプライアンスを強化します。

柔軟性の向上

可搬性に優れたコンパクトな筐体で、柔軟な導入が実現できます(19インチ標準ラックに、2台のTS2280を横並びで収容可能)。

ユーザーのコンテンツ管理をサポート

IBM Spectrum Protectと組み合わせると、コンテンツの並行コピーを含む、アクティブ、非アクティブおよびオフサイトのコンテンツを作成、管理、アーカイブできます。

容易な統合

Microsoft WindowsやUNIXオペレーティング・システムが稼働するさまざまなオープン・システムに対応し、大容量テープ・バックアップを統合します。

主要な機能

  • 高速データ転送
  • アクセスと管理の簡素化
  • 柔軟なネットワーク統合
  • 性能の最大化とセキュリティーの強化
  • ファイル単位でテープ・データにアクセス
  • Ultrium 8とUltrium 7のテープ・メディアの互換性
  • データの暗号化
  • 大容量化と容易な運用を両立
  • 製品仕様

仕組みを見る

購入・お問い合わせ