技術仕様

特性

記録方式

32チャンネル リニアサーペンタイン方式

容量 (非圧縮時)

10 TB (JD/JZ メディア使用時)、7 TB (JC/JY メディア使用時)、2 TB (JL メディア使用時)

連続データ転送速度 (非圧縮時)

360 MB/秒 (Type D メディア)
300 MB/秒 (再フォーマットされた Type C メディア)

データ転送速度(動的スピード・マッチング)

112 MBps から 365 MBps の 12 種類の速度 (Gen 5 フォーマットで初期化された 3592 JD/JL/JZ カートリッジ)
99 MBps から 303 MBps の 12 種類の速度 (Gen 5 フォーマットで初期化された 3592 JC/JK/JY カートリッジ)
90 MBps から 252 MBps の 12 種類の速度 (Gen 4 フォーマットの 3592 JC/JY)

バースト・データ転送速度

800 MB/秒

最大サーチ速度

12.4 m/秒、エンドツーエンド

物理的特性

寸法

3592-E08
95 mm (H) x 198 mm (W) x 467 mm(D)
3592-EH8
95 mm (H) x 150 mm (W) x 374 mm (D)

重量

3592-E08 5.7 kg、3592-EH8 3.97 kg

稼働環境

メディア使用時の温度

16°C ~ 32°C

相対湿度

20% ~ 80%、結露なし (メディアによって制限)

最大湿球

26°C

最大連続動作電力損失 (ドライブと内蔵ファンz)

46 Watts

プラットフォームのサポート

プラットフォーム

オペレーティング・システム

IBM

IBM Power Systems

IBM AIX、IBM i、Linux

IBM Z*

IBM z/OS、IBM z/VM、IBM z/VSE®、IBM z/Transaction Processing Facility (TPF)

IBM System p

AIX、Linux

IBM System i

IBM i、IBM OS/400

IBM System x

オープン・システムのサポートを参照

オープン・システム

Oracle

Solaris

Intel または AMD プロセッサー搭載のサーバー

SUSE Linux
Red Hat Linux
Microsoft Windows

暗号化のサポート

IBM i、AIX、Sun、Linux、Windows

保証

1 年間

エネルギー消費効率※

N/A

※ エネルギー消費効率とは、エネルギーの使用の合理化に関する法律 (昭和 54 年法律第 49 号、以下「省エネルギー法」という) で定める測定方法により測定された消費電力を、省エネルギー法で定める複合理論性能で除したものです。ただし、複合理論性能が 200,000MTOPS 以上のものについては省エネルギー法対象外装置であり、掲載のエネルギー消費効率は参考値となります。

* IBM TS7700 を介した IBM Z 接続

仕組みを見る

購入・お問い合わせ