概要

IBM Trusteer Pinpoint Malware Detection Advanced Editionは、マルウェアに感染したデバイスを検出し、脅威の性質と潜在的なリスクの両方を判別します。マルウェアに感染したデバイスが組織のWebサイトにアクセスしようとした場合、その組織はアラートを受け取り、潜在的な不正を防止するための処置を講じることができます。                   

マルウェア感染デバイスの検出

パーソナル・コンピューター、スマートフォン、タブレットがマルウェアに感染しているかどうかを判別し、適切に処置できるようにします。

不正リスクの正確な判別

オンライン取引、ログイン、またはその他の高リスクなアクションごとに不正リスク・レベルを判別することで、セキュリティーの充実したユーザー体験を作成できます。

高リスクなデバイスに対するアラート

マルウェアが検出された場合、潜在的な脅威について不正対策チームに通知します。

主要な機能

  • マルウェアに感染したデバイスのリアルタイム検出の提供
  • 各オンライン取引の不正リスク・レベルを判別
  • 潜在的な脅威が検出されたときにチームに警告
  • 感染したデバイスからのマルウェアの除去

クラウド上のセキュリティーとプライバシー

IBMのクラウド・オファリングを使用すると、お客様はセキュリティー、プライバシー、リスクのレベルを損なわずに、変化するビジネス・ニーズに迅速に適応できます。 IBMクラウド・セキュリティーの詳細を見る

このオファリングは、お客様が選択したエディションごとに以下の業界標準とグローバル・コンプライアンス標準を満たしています。

  • EU-US Privacy Shield and Swiss-US Privacy Shield Framework
  • FFIEC for Financial USA
  • ISO 27001
  • SOC2 Type 2

個別のオファリングのエディションのコンプライアンスと認定状況については、クラウド・サービスのデータ・セキュリティーとデータ・プライバシーに関するデータ・シートをご参照ください。

仕組みを見る