概要

IBM Trusteer Pinpoint Detectは、アカウントの乗っ取りや不正取引からデジタル・チャネルを保護し、リスクの高いマルウェアに感染したエンド・ユーザーのデバイスを検出します。Trusteer Pinpoint Detectは、ユーザー・プロファイルを透過的に構築してオンラインIDを継続的に認証することで、真のユーザーと詐欺師とを区別できるクラウド・ベースのソリューションです。

リアルタイムのリスク・アセスメント

クラウドを介して、グローバルなリアルタイムの脅威データを集約して動的に提供し、優れた顧客体験の提供に銀行が集中できるようにします。

カスタム・ポリシーの作成

迅速に対策を構築して実装できるカスタム・ポリシーを制御および作成します。

円滑な顧客体験

信頼できる真のユーザーに対して摩擦のない認証を提供し、銀行が詐欺師ではなく正当な顧客に焦点を当てることができるようにします。

主要な機能

  • リアルタイムの不正検出のための行動バイオメトリクス
  • マルウェアに感染したエンド・ユーザー・デバイスの検出
  • 職場での適応性のあるインテリジェンス
  • 円滑な顧客体験
  • グローバルな脅威インテリジェンス・サービス
  • オンラインの脅威からの顧客の保護
  • アジャイル設計による対応プロセスの迅速化

クラウド上のセキュリティーとプライバシー

IBMのクラウド・オファリングを使用すると、お客様はセキュリティー、プライバシー、リスクのレベルを損なわずに、変化するビジネス・ニーズに迅速に適応できます。 IBMクラウド・セキュリティーの詳細を見る

このオファリングは、お客様が選択したエディションごとに以下の業界標準とグローバル・コンプライアンス標準を満たしています。

  • EU-US Privacy Shield and Swiss-US Privacy Shield Framework
  • FFIEC for Financial USA
  • ISO 27001
  • SOC2 Type 2

個別のオファリングのエディションのコンプライアンスと認定状況については、クラウド・サービスのデータ・セキュリティーとデータ・プライバシーに関するデータ・シートをご参照ください。

仕組みを見る