スポットライト

IBM Transparent Data Migration Facility z/OSが選ばれる理由

データの移行は、ダウンタイム、収益の損失や、重要なアプリケーションを使用できなくなる状況といった悪影響を及ぼす可能性があります。データ移行を確実に実施するには、慎重な計画とともに、シンプルでありながらマルチベンダー・ストレージ環境との互換性がある、移行のためのソリューションが必要となります。IBM Transparent Data Migration Facility(TDMF) z/OSによる、エンドツーエンドで中断のないデータ移動で、データ損失を回避できます。移行中の高度なデータ保全性やアプリケーションの可用性を実現します。

アプリケーションの連続可用性を実現

ダイナミックなスワップ機能により、ソースからターゲットのストレージに入出力(I/O)を透過的に送信することで、スムーズにデータを移行できます。移行プロセス全体の自動化により、ストレージ・サブシステムのパフォーマンスと可用性に影響を与えかねない手動による操作を回避できます。加えて、新しいストレージに問題が発見された場合に、スイッチバック機能によって元のソース構成にフォールバックされることで、アプリケーションの可用性を維持します。

マルチベンダー・ストレージ環境との互換性

TDMFは、マルチベンダー・ストレージ環境で動作し、メーカーやマイクロコード・レベルに関係なく、メインフレームと互換性のあるすべてのストレージ・ハードウェアをサポートします。異機種混合環境で使用できるため、時間とコストを節約することができます。整合性グループの大規模なデータ移行に伴う複雑さを軽減します。また、ストレージ・テクノロジーの刷新に当たり、ストレージ・ベンダーの変更や追加を柔軟に実行できるようになります。

移行プロセスの追跡と検証

TDMFのデータ転送の追跡と検証により、データの破損や損失を回避できます。また重要なビジネス・アプリケーションの保全性と可用性を移行プロセス中も確保します。TDMFのスムーズなデータ移動プロセスにより、迅速かつ簡単にデータを移行しながら、重要なアプリケーションのデータ保全性と高いパフォーマンスを維持することができます。TDMFではダイナミックなペーシング機能によって移行要件を軽減できます。

TDMF z/VMエージェント

TDMF z/VMエージェントは、お客様のDASD構成にz/VMとz/OSの両方にパスを持つデバイスがあり、お客様がスワップを希望している場合の問題に対応します。TDMF z/VMエージェントがない場合、TDMFが接続しているデバイスをスワップする間は、z/VMシステムをシャットダウンする必要があります。TDMF z/VMエージェントがあれば、z/VMシステム上で実行中のアプリケーションがデバイスのデータにアクセスしている間もデバイスをスワップすることができます。スワップ移行は、TDMF z/OSの主システムが制御していることにご注意ください。

IBM Transparent Data Migration Facility z/OSの詳細

資料を読む

おすすめ関連製品

IBM z/OS Data Set Mobility Facility

アプリケーションを中断することなく、データ・セットを即時に移行します。

詳細を表示

IBM Transparent Data Migration Facility z/OS

アプリケーションの可用性を維持しながら、より効率的にデータを移行できます。

詳細を表示

購入・お問い合わせ

詳細を表示