概要

IBM® Tools Base for z/OSはzManage Toolsポートフォリオの一部であり、さまざまなIMS Toolsオファリングに共通インフラストラクチャーを提供します。Tools Baseは、IMS Toolsで利用される主要な戦略的アーキテクチャー、テクノロジー、サービスをサポートするコンポーネントを提供し、既存のコンポーネントのアップグレードも行います。さらに、組み込みのコンポーネントであるIBM Autonomics Directorは、アプリケーションのパフォーマンス低下を自動的に検出し、予防的に保守ユーティリティーを実行する機能を提供して、データをアクセス可能に保ちます。Autonomics DirectorはまたCPU時間を節約することで、DBAスタッフを従来の作業から解放してより重要な業務に集中できるようにします。
IBM Tools Base for z/OS

ツール実行の自動化

Autonomics Directorを使用すると、IMS Database Reorganization for z/OSのツールの実行を自動化できます。

データベースに関する広範な洞察

Administration ConsoleからWebベースのユーザー・インターフェースを活用すると、IMSデータベースの正常性および可用性に関する広範な洞察を引き出せます。

高機能の通知サービス

Policy Servicesコンポーネントを活用すると、広範な通知サービスを提供できます。

シングル・ログオン

Administration Consoleコンポーネントのシングル・ログオン・サポートを使用すると、さまざまな環境のリソースを企業全体で統合できます。