概要

IBM Tivoli Advanced Catalog Management for z/OSは、重要なデータを保護し、システムとデータの可用性を強化して、不測の事態からの迅速な復旧を可能にします。統合された単一のブラウザー・ベースのインターフェースにより、すべてのシステムとリソースを監視し、警告につながる原因を追跡できます。また、システムの状態に関する包括的なオンライン・レポートを作成し、今後の問題解決のための情報を提供します。さらに、コマンドを作成して管理対象の企業のシステムに送信することも可能です。Tivoli Advanced Catalog Management for z/OSの活用によって、停止時間の発生を回避し、高いサービス・レベルを確保できます。
IBM Tivoli Advanced Catalog Management for z/OS

診断の簡素化

IBM Tivoli Advanced Catalog Managementに付属するシステム停止にいたる前に潜在的なエラーを検出して警告するツールにより、診断作業を迅速化および簡素化します。

生産性の向上

カタログの集中管理と豊富な機能を提供し、使いやすいインターフェースによって生産性を向上します。

より迅速な復旧

カタログと直接アクセス・ストレージ・デバイス(DASD)のデータ・セットを迅速に同期化することで、ビジネスの回復力および障害復旧操作を最適化します。

所有コストの削減

保守を削減し、ICFカタログに関連する手動作業を低減します。

他のツールとの統合

IBM Zストレージ管理ポートフォリオおよびIBM z/OS Storage Management Toolsの統合構成要素として機能します。