概要

IBM Toolkit for Swift - Linux on z Systemsは、Linux on z Systems用のアプリケーションを開発するための最新技術を必要としている企業のお客様向けに設計されています。Swiftプログラミング言語の採用により、企業のお客様は、世界中の数百万人のSwift開発者にアクセスできるようになります。お客様は、アプリケーションのフロントエンドとバックエンド全体で、同じテクノロジーとスキルの蓄積を利用できます。また、Swift対応の企業向けアプリケーションでは、IBM Zシステムの保管データを使用してオンプレミスで実行された場合のパフォーマンスも向上します。

Swiftアプリケーションの開発

Linux on z Systems環境用のSwiftアプリケーションを生成します。

生産性の向上

Swift 3.1.1コンパイラー、Swift Runtime、Swift Core Libraries、Swift LLDBデバッガー、Swift Package Manager、Kituraベースのサンプル・アプリケーションを含むツールキットを使用します。

先進のIBMサポート

IBMの優れたサービスとサポートを利用できます。

主要な機能

  • Swift 3.1.1コンパイラー
  • Swift Runtime
  • Swift Core Libraries
  • Swift LLDBデバッガー
  • Swift Package Manager
  • KituraベースのサンプルSwiftアプリケーション