スポットライト

業界屈指のポート密度によるシンプルな拡張容易性

洗練された2Uシャーシに128基のファイバー・チャネル・ポートを収めたSAN128B-6は、極めて優れた拡張性と空間の効率的な利用を実現します。96基の32Gbps拡張Small Form-Factor Pluggable(SFP+)ポートと、8基の4×32Gbps Q-Flexポートを備えたコンパクト設計で、より少ないスイッチでより高い接続性を提供するデータセンターを構築できます。柔軟性と密度を追及した設計のSAN128B-6だからこそ、コスト効率の高いポート・オン・デマンド(PoD)を使用して、48ポートから128ポートまで、成長に合わせてポートを増設できる拡張性を提供します。

自動化による生産性の向上

IT組織は、多くの時間を在庫記録などの日々の管理タスクに費やしています。自動化により、IT組織では効率を大幅に改善し、運用上の間違いのリスクを削減できます。IBMでは、自社のスイッチおよび管理製品にRepresentational State Transfer(RESTful) APIを直接統合することにより、bタイプのStorage Networkingポートフォリオを通じてあらゆるSAN管理ソリューションを可能にする、広範な選択肢を提供しています。

常時稼働ビジネスのための安定性

Fabric Visionテクノロジーを搭載したSAN128B-6は、監視の簡素化、運用の安定製の向上、コスト削減を支援する、ハードウェアとソフトウェアの画期的なソリューションを提供します。Fabric Visionテクノロジーには、SCSIとNVMeの両トラフィックをより詳細に把握できるIO InsightとVM Insightの機能が組み込まれているため、管理者は問題を迅速に識別して分析できます。

IBM Network Advisor

IBM Network Advisorは、bタイプ第6世代ファイバー・チャネル管理を簡素化するほか、企業が予防的に問題を診断、解決してアップタイムを最大限に高め、運用効率を向上して、コストを削減できるようにします。ウィザード式のインターフェースにより、ファブリック、スイッチ、ポートをグループとして管理できるため、導入と構成に費やす時間を劇的に短縮できます。カスタマイズ可能なダッシュボードには、パフォーマンスと正常性を測定するインディケーターがすぐに表示されます。これには、Fabric Visionテクノロジーを使用してキャプチャーされたすべてのデータが含まれます。