スポットライト

Base Edition

記述統計、線形回帰、プレゼンテーション品質のグラフとレポートの作成など、幅広い分析機能を提供します。複数のデータ形式にサイズ制限なしにアクセスできます。高度なデータ準備機能により、手間の掛かる手作業での確認が不要になります。2変数統計手順、要因分析、クラスター分析のほか、ブートストラッピングを活用できます。R/Pythonによって機能をさらに拡張できます。

Custom Tables and Advanced Statisticsアドオン

分析結果を実働に対応したテーブルで要約して表示でき、Microsoft/PDFにエクスポートできます。ネスト、積み重ね、多重回答のカテゴリーを使用して調査結果を表示し、欠落している値を管理できます。分析の精度を向上するために、単変量と多変量の分析技法とモデルも提供します。非線形モデル、一般線形モデル、混合モデルのプロシージャーのほか、ロジスティック回帰、2段階最小二乗回帰、生存分析を利用できます。

Complex Sampling and Testingアドオン

小規模のサンプル設計やコンプレックス・サンプル設計から統計と標準誤差を計算できます。複雑なランダム・サンプルから数値型とカテゴリー型の結果を予測し、複数段階のデザインから得られたデータを分析する場合、最大3つの状態が考慮されます。LassoやElastic Netなどの最適な尺度で回帰を利用することもできます。その他の機能には、カテゴリー主成分分析、多次元尺度構成法、多次元展開、多重コレスポンデンス分析などがあります。

Forecasting and Decision Treesアドオン

時系列データを使用して、予測を作成し、傾向を予想することができます。 ARIMAと指数平滑法の予測機能を提供します。モデル・パラメーターを自動化して、データの断続性、欠落値をテストできます。4つのツリー成長アルゴリズムに基づくデシジョン・ツリーも使用でき、カテゴリー型の結果を表示して、グループ間の関係を検出することができます。ニューラル・ネットワーク予測モデルのほか、RFM分析を作成して、マーケティング・キャンペーンをテストすることもできます。

新しい統計とグラフ作成の機能

変量効果の解の結果(GENLINMIXED)、ロバスト標準誤差(GLM/UNIANOVA)、エラー・バーを使用するプロファイル・プロットなど、高度な統計のための新機能をいくつか提供しています。統計推論の代替方法としてベイズ統計もサポートしています。この機能には、簡単に実行できる新しい構文とGUIエレメントが組み込まれています。また、新しいデフォルト・テンプレートやMicrosoft Officeアプリケーションと簡単に共有する機能など、新しい強力なグラフ作成のメリットを得られます。

IBM SPSS Statistics R、Python連携 デモ動画

視聴する

今すぐ試す

購入・お問い合わせ