スポットライト

重み付け最小二乗法回帰

重み付け最小二乗法または二段階最小二乗法を使用して、時系列データによく見られる予測変数と誤差項の間の相関関係を考慮して調節します。

プロビット分析

プロビットとロジットの応答モデルを使用して、投薬、価格、報奨金などの刺激に対する応答比を分析します。

予測手法の選択

変数増加法、変数減少法、前方ステップワイズ、後方ステップワイズの4つの手法から選択できます。

二段階最小二乗法回帰

予測変数と誤差項の間の相関関係を考慮して調節します。出力をピボット・テーブルに表示します。

技術的詳細

ソフトウェア要件

IBM SPSS Regressionには、有効なIBM SPSS Statistics Baseのライセンスが必要です。

  • 前提条件: IBM SPSS Statistics

ハードウェア要件

  • プロセッサー: 2GHz以上
  • モニター: 1024*768以上
  • メモリー: 4GBのRAMが必要、8GB以上のRAMを推奨
  • ディスク容量: 2GB以上

仕組みを見る

購入・お問い合わせ