概要

IBM SPSS Direct Marketingを使用すると、顧客や連絡先の高水準の分析を行い、結果を改善できます。最新購入日、購入頻度、購入金額(RFM)分析、クラスター分析、潜在顧客のプロファイル作成、郵便番号分析、傾向スコアリング、コントロール・パッケージ・テストから選択できます。このソフトウェアを使用すると、顧客をより深く理解し、マーケティング・キャンペーンを改善して、マーケティング予算のROIを最大化することができます。キャンペーンの立ち上げや検証、クロスセルやアップセルによる増収、店舗の設置に役立ちます。

顧客の分類を向上

年齢、配偶者の有無、職業、居住地域など、具体的な特性に基づいて顧客と潜在顧客を分類します。その後、顧客や潜在顧客をクラスターに分割します。

キャンペーンの成果を比較

既存のキャンペーンを新規キャンペーンと比較して、データを収集し、コントロール・パッケージ・テストを実行します。色分けすることで、どのテスト・パッケージが既存のコントロール・パッケージより優れているかがすぐに分かります。

応答者のプロファイルを作成

テスト・キャンペーンに反応した顧客のプロファイルを生成します。潜在顧客のプロファイル作成ツールを使用すると、データ内の具体的な特性(年齢、配偶者の有無、職業など)を正確に特定できます。

主要な顧客を対象設定

購入傾向スコアを生成して、キャンペーンやオファーに最も反応しそうな顧客に重点を置きます。その他のデータのスコアを算出するためのXMLファイルを生成します。反応しそうにない顧客をリストから除外します。

郵便番号で識別

マーケティング・キャンペーンに最も高い反応率を示した郵便番号を特定します。営業拠点や実店舗を新たに設置するための最適な場所も見つけることができます。

個人のリストを詳細化

スコアリング・インターフェースを使用して、RFMスコア、潜在顧客のプロファイル、反応率を既存のデータ・セットや新規データ・セットに書き込みます。ターゲットを絞ったリストを作成して、顧客グループごとにマーケティング戦略を適合させます。

主要な機能

  • 適切な連絡先を特定してキャンペーンのROIを改善
  • オールインワンのマーケティング分析
  • 顧客グループを簡単に特定
  • Salesforce.comに接続してさらに洞察を獲得

製品イメージ

適切な連絡先を特定してキャンペーンのROIを改善
適切な連絡先を特定してキャンペーンのROIを改善
オールインワンのマーケティング分析
オールインワンのマーケティング分析
顧客グループを簡単に特定
顧客グループを簡単に特定

仕組みを見る

購入・お問い合わせ