概要

IBM SPSS Complex Samplesで調査分析にサンプル設計を組み込むことにより、コンプレックス・サンプル設計から統計と標準誤差を計算することができます。IBM SPSS Statisticsのこのモジュールは、層別化サンプリング、クラスター・サンプリング、多段サンプリングなどのサンプル・デザイン情報を提供します。部分母集団の評価では他の部分母集団が考慮されるため、データをさらに正確に把握できます。 正確な推定値を得て、複雑なランダム・サンプルから数値型とカテゴリー型の結果を予測し、複数段階のデザインから得られたデータを分析する場合、最大3つの状態が考慮されます。

結果の精度を向上

サンプルの精度を高め、代表サンプルが主要グループから抽出できます。多段サンプリングを使用して、より高い段階のサンプルを選択できます。

分析を加速して効率を向上

調査計画パラメーターを保持します。データ・セットを公開して、計画をテンプレートとして再使用します。サンプル抽出単位のクラスターまたはグループを選択することで、調査の費用対効果を高めます。

複雑な調査データの管理

1次元の度数表または2次元のクロス集計表を表示します。ANOVAおよびANCOVAによって線形回帰を構築します。平均/合計/比率を推定します。

データと調査の分析を迅速化

便利なウィザードを使用して、サンプルの定義方法と標準誤差の推定方法を指定し、枠組みを定義して、サンプルを抽出します。母集団から確率に基づいてコンプレックス・サンプルを選択します。

主要な機能

  • 調査データの正確な分析
  • 回帰と一般線形モデル
  • ウィザード
  • サンプル設計情報

クラウド上のセキュリティーとプライバシー

  • IBMは、企業がIBMのクラウド・オファリングを使用するにあたり、セキュリティー、プライバシー、リスクのレベルを損なわずに、変化するビジネス・ニーズに合わせて迅速に適応できるよう努めます。

    IBMクラウド・セキュリティーの詳細を見る

製品イメージ

調査データの正確な分析
調査データの正確な分析
回帰と一般線形モデル
回帰と一般線形モデル
ウィザード
ウィザード
サンプル設計情報
サンプル設計情報

仕組みを見る

購入・お問い合わせ