概要

IBM Spectrum VirtualizeとIBM Spectrum Virtualize for Public Cloudは、オンプレミスとクラウド・データセンター間、またはクラウド・データセンター同士の間のミラーリングをサポートします。これらの機能を使用すると、次のことが可能になります:

  • オンプレミスとクラウド・データセンター間、またはクラウド・データセンター同士の間のデータの移行
  • オンプレミスとクラウド・データセンター間、またはクラウド・データセンター同士の間の障害復旧戦略の実装
  • オンプレミスのソースからデータを容易に複製してクラウド・ベースでDevOpsを実行
  • FlashCopyやEasyTierといった拡張データ・サービスにより、基本のIBM Cloudエンデュランス・ブロック・ストレージまたはパフォーマンス・ブロック・ストレージのパフォーマンスと機能を強化

既に所有しているストレージのためのハイブリッド・クラウド

オンプレミス・ソフトウェアと連携することで、400を超えるサポート対象ストレージ・システムのデータを複製または移行することができ、新たに多額の投資をしなくてもハイブリッド・クラウドの機能を追加できるようになります。

クラウド向けに設計された展開

最小の労力で迅速に展開できる自動化スクリプトを備えた、世界25個所のIBM Cloudデータセンターのサーバーとストレージを選択できます。

使用量に基づいた柔軟な価格設定

IBM CloudのサーバーとストレージおよびIBM Spectrum Virtualize for Public Cloudソフトウェアは、容量の柔軟性をいっそう向上する追加ソフトウェアの課金と共に、使用量に基づいて月ごとに価格設定されます。

クラウド上のセキュリティーとプライバシー

  • IBMは、企業がIBMのクラウド・オファリングを使用するにあたり、セキュリティー、プライバシー、リスクのレベルを損なわずに、変化するビジネス・ニーズに合わせて迅速に適応できるよう努めます。

    IBMクラウド・セキュリティーの詳細を見る