IBM Spectrum MPIを使用する4つの明確な理由

インフラストラクチャー管理を強化して、成果を上げるまでの時間を短縮

次善の環境では競争力が削がれ、成果を上げるまでに時間がかかってしまいます。インフラストラクチャーでのアーキテクチャーの違いをアプリケーションで処理するよりも、IBM® Spectrum MPIに管理をお任せください。そのようにすれば、さまざまな相互接続への対応のためにアプリケーションの複数バージョンを記述する必要性が解消されます。また、集合アルゴリズムの改善によって、アプリケーションの性能が最適化されます。

ネットワーク接続などを強化

IBM Spectrum MPIは、性能と拡張性を強化したHPC並列アプリケーション向けのOpen MPIを装備しています。また、IBM Power Systems™およびx86-64でのサポートに基づいて、ネットワークの接続性を強化し、アプリケーション開発者の使いやすさを改善する集合MPIライブラリーと2地点間通信プロトコル(PAMI)バックエンドを提供します。これにより、実行時に各ノード間で最適なネットワーク接続を動的に選択して、ネットワーク効率を最大限に高められます。

性能と柔軟性を向上

IBM Spectrum MPIには、高度なCPUアフィニティー機能やインターフェース・ライブラリーの動的な選択、優れたワークロード・マネージャーの統合、パフォーマンスの強化なども組み込まれています。また、業界標準のプラットフォーム、相互接続、オペレーティング・システムを幅広くサポートするため、並列アプリケーションをあらゆる場所で実行可能にする取り組みに寄与します。

さらなる高速化を達成

IBM Spectrum MPIはMellanox OFEDを使用して、RDMA (リモート直接メモリー・アクセス)対応の強力なPAMI (Parallel Active Messaging Interface)をx86-64とIBM POWER®の両方のハードウェア上で提供します。また、アプリケーション開発者向けにGPUメモリー・バッファーのシームレスな使用をサポートする優れた集合ライブラリーも用意しています。このライブラリーは、対象となる集合オペレーションに対し最も速いアルゴリズムを決定する高度なロジックを備えています。